BLOG

摂理と山登り。

※7/22内容修正しました。
こんばんは、satoです。
今日は海の日ですが、私は摂理の兄弟たちと一緒に「登山」をしていました。「海」の日なのに「山」登りとは、これ如何に(笑)
山登りすることにも色々な目的がありますが、私たちはやはり摂理にいるので、「鄭明析先生の御言葉を行う」ために山に登るのです。つまり、「万物を通して感じる神様を感じ、褒め称えて賛美して、御言葉で考えの治療、行いの治療をする」ための登山企画でした。
ちょうど今週の御言葉で「あなたの考えを捨てなさい」ということが話されていたので、それを意識していたのですが…。
今回は社会人の方々と一緒にしていたのですが、その人たちの証を聞くうちに、自分の「学校での生活」に対する観が大きく変わりました。端的に言うと「今自分に与えられている時間はすべて「自分の趣味、したいこと」ではなく、「仕事」だ」という点です。この感覚もまた「私の靴」でした。
自然、特に虫を通して「蜂も刺激しなければ刺さない。これと同じく自分の生活でもそうだ」ということを悟りました。自分が余計なことをしなければ、神様が撃って道を正す必要がないんです。その方がお互いにとっていいでしょう。
(もっと色々あった気がするけど…思い出せない。)
あと、御言葉の中で「祈りの聖山に登る」という話が出ていたのですが、今回の山登りの間ずっとそれを考えていました。
この山を登るように、祈りも深く、じっくりとしないと…とかでも、この山も先に登って道が作られているからまだ楽だな、これと同じように、祈りの道も先生が色々試行錯誤されて作られたから…本当に感謝だ、とか色々気づくことがありました。
それと同時に「個人を作る」ことも意識したり、色々考えるいい機会になりました。
たぶん一人でなら山を登らなかったと思います。でも、今回はみんなで登ったから最後まで登れたし、こんなに色々気づくことがありました。
でも、これからは一人でも生活で山登りのように次元を高める生をしていきたいですね。
海ではなく山登りでしたが、今日も主と深く楽しめた一日でした♪

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

関連記事一覧