satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

もっと希望的に。

もっと希望的に。

こんばんは、satoです。
突然ですが、ここ最近の祈りの中で「私は自意識過剰」であった、ということが悟れました!
今までどれほどこれで悩んだことか…。人と話す時もいつも「自分が人にどう見られているか」を気にしていたし、昔の友達とかに声かけをしようと思った時に「嫌がられたらどうしよう」とか思っていたし…。
全部思い込みでした(笑)
このように、思い込みっていうのは自分の心を苦しめるし、自分の行いをめっちゃ縛るんだなぁ、と感じます。だから先生は「自分の考えを捨てなさい」とおっしゃったのか。
自分は「自己主観がかなり強い」と人を通してはっきり言われていたのですが、本当にそうでした。
これからはもっと自由に行ってみます!
そして、ブログももっと気軽に書いてみます。今後ともよろしくお願いします。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

物語カテゴリの最新記事