久しぶり!岩手!


昨夜の夜行バスで今朝から岩手に滞在しております。

出身地というのはなぜか滞在しているだけでもなかなか落ち着きますね。

 

今回は社会人になってから初めての帰省ということもあって、初めて小学生時代のプチ同窓会を開くことになって少し楽しみにしております。

私が言い出しっぺだったから人数集めと場所決めをやることになり、面倒なこともありましたが、

こういうの、嫌いじゃないです(笑)

10年ぶりに会う友達もいるから、緊張もしています。

 

少しでも御心のある時間にしたいと思ったので、母校に行ってお祈りしてきました。

経緯のある場所でお祈りすると感慨深くなります。

ここで神様が自分を育ててくださったのかと思うと、湧き上がる思いがありました。

必ずこの地にも福音を入れたいなと。

 

同時に鄭明析先生の故郷である月明洞のことも思い出すようになりました。

先生も同じ気持ちで月明洞の開発をされたんじゃないか、

初めてその地で伝道できた時は死ぬほどうれしかったのではないか、

など、様々な心情をイメージしていました。

 

岩手には摂理の教会はまだありません。

田舎だから仕方ないのかなと思った瞬間もありましたが、

祈っていると、先生の状況が目に浮かんできて、月明洞という岩手よりも田舎のところが最も栄えている現状を考えたら、

教会を立てるのは、無理だという考えは愚の骨頂だと感じました。

 

帰省している期間、できる限りのことをして東京に戻ろう。

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミの会社に勤めているSEです! ニュースと御言葉を絡めて記事を書くことに挑戦中。 健康管理頑張ります。