satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

大阪城観光

大阪城観光

どーも、Luckです!

 

 

大阪に来ています。

大阪と言えば大阪城に行くのが定番となっておりますが、定番に則って行ってまいりました。

1991年に鄭明析先生が一度大阪城に来ている話を聞いてから行ったので、当時の情景を考えながら歩いていました。

 

 

「当時、豊臣秀吉の身長は何センチだったの?」

という鄭明析先生の質問があったようなのですが、(150センチと言われている)その回答に対して、先生は

「小さいね。人は見た目じゃなく、思想が大事だ。豊臣秀吉は小さくても天下統一できたのは思想がすごかったから」

という話も聞きました。

平均身長よりも低い私からすればとても勇気をもらえる話でした(笑)。

思想を良くしていきます。

 

 

大阪城の下の方に豊臣秀頼の自刃の墓という所があるのですが、その近くの石垣を先生が足で突いたという話を聞いてそこでも写真撮影。

秀頼の自刃の墓よりも近くの先生が足で突いた石垣に群がる摂理のメンバーたちの光景はちょっと面白かったです。

 

 

みんな久しぶりに会うメンバーや初めて会うメンバーたちと共にした観光でしたが、十分に楽しく恵み深い時間を過ごさせてもらいました。

感謝でいっぱいです。

同じ御言葉を聞いて、向かう目的が一緒だと、普段会っていなくても通じるものがあるのだなと感じる時間でした。

 

旅・地域ネタカテゴリの最新記事