satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

愛媛県と四国の形って・・・

愛媛県と四国の形って・・・

こんばんは。
4歳の息子と本気でお菓子の取り合いをする、WOOH@松山です。
3日連続で地理的な話が続いているので、便乗してこちらも地図のお話を。
私の住んでいる松山市は、愛媛県の県都です。
では愛媛県ってどこにあるかご存知ですか?

はい、ここです。
ではもう少し拡大してみましょう。

松山市は愛媛県のほぼ中央にある人口50万人の街なのですが、ここで注目してもらいたいのは、愛媛県の形です。
何かに似ていると思いませんか?

そう、チーターです。

まぁ、ネコでもヒョウでも何でもネコ科の動物ならいいのですが、ここではあえてチーターとさせて下さい。
形ついでに、今度は四国の地図を。

四国は文字通り4つの県から成り立っています。
そしてこれも、何かの形に似ていると思いませんか?

そう、オーストラリア。
私は幼い時から世界地図を見るたびに、四国とオーストラリアがよく似ていると思っていました。
また、それを以って日本地図が世界地図の縮小版かと思っていたほどです。
北海道⇒北米
本州⇒ユーラシア
四国⇒オーストラリア
九州⇒アフリカ
(南米は・・・??)
オーストラリアって、太古の昔に他の大陸と切り離されたこともあり、独自の生態系が発達してきた異色の大陸。
だからゾウやキリンやトラやライオンはいないけれど、代わりにコアラやカンガルーやカモノハシやタスマニアデビル(?)などなど変わった動物がいるんですね。
四国は他の地域に比べて人口は少ないけれど、コアラやカンガルーのような他の土地にはいない異色の、でも個性的で魅力的な人材がいるのです。
「ゾウやキリンはちょっと見飽きたな~」「たまにはコアラやカンガルーと触れ合いたいな~」と思われている方は、是非一度四国、松山にお越しを。
きっと期待は裏切りません!(たぶん・・・)

旅・地域ネタカテゴリの最新記事