satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

柑橘ハマチ

柑橘ハマチ
1週間東京に行って来て、暑さと湿度にやられたWOOH@松山です。
松山は東京より南のはずなのに、あの都会の暑さは独特ですね、やっぱり・・・
さて久し振りに食べ物ネタを。
愛媛県はミカンをはじめとした果物だけでなく、魚介類も豊富で美味しいです。
中でもタイやハマチは養殖高が日本一で、立派な県の名産品です。
そんな中で最近出回っているのが、”柑橘ハマチ”
これは養殖の餌に柑橘類を混ぜて食べさせることで、魚の身から生臭さが消えて爽やかな柑橘の香りがするというものです。
愛媛県だけでなく、お隣の高知県や香川県でも同じような養殖技法が採られていて、”ゆずハマチ”やら”オリーブハマチ”やら有名になっています。


「魚にミカンを食べさせるだけで刺身からミカンの香りがするわけないだろ!!」
と思うかもしれませんが、本当に爽やかな香りがするんです。初めて食べた時ビックリしました。
別に高級な料亭や寿司屋で食べたのではありません。近所のスーパーで売っているパックのお寿司で、でした。
これなら生臭いのが苦手な人でも食べられるなぁ、と思いました。
改めて思ったのは、魚も食べる物によってイイ匂いを放てるんだから、人も何を食べるかによって発する香りが変わってくるんでしょうね。
何を食べ吸収するかがその人を育むものです。
私たちも良いものを食べ、そして良い言葉を聞いて、良い香り(行ない)を放っていきたいものです。

旅・地域ネタカテゴリの最新記事