satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

メジャーセカンドを見て感じた偉大な人と関係をもつ偉大さ

メジャーセカンドを見て感じた偉大な人と関係をもつ偉大さ

どーも、Luckです!

NHKでアニメ「メジャー」シリーズの「メジャーセカンド」が始まったようですね。
中学生の頃、好きな野球アニメの一つで毎週土曜日は部活が終わったら楽しみにして、家で見ていました。
その続編として、放映され始めた「メジャーセカンド」。
なんでも、「メジャー」の主人公のメジャーリーガー茂野五郎の息子が主人公なんだとか。
これは激熱だわ(; ・`д・´)
ということで、少し、見てみました。

見ていると、ワクワクするような場面がところどころであるんですけど、主に感じたのは、
前作品の主人公である茂野吾郎がアニメの中で話題にあがると、ちょっとテンションが上がります。
なんていうんですかね。
茂野吾郎がどういう作品の中でどういう人生を歩んできたのか、分かる人にとっては、どれだけ偉大なメジャーリーガーなのか分かるから、話に出てくると嬉しい感覚になるんでしょうかね。
待ってました!!
という気持ちになります。

偉大な父と密接な関係のある息子の野球人生には興味をそそられ、思わず応援したくなっていました。

話を転換します。
こんなことを考えていたら、去年、大学生の子と話していたことを思い出しました。
その子が大学で授業をとっていた教授がマザーテレサの一行だったようで、その話を聞いた時、思わず身を乗り出すように話に食いついていました。
偉大な人と一緒にいた人の話は聞きたくなるものですよね。

転じて、信仰においても感じるものがありました。

もし、2000年前のイエス様と話していた人が生きていたら、ものすごい人だかりができているんだろなーと。
2000歳の人間って怖そうですね。
たとえ、恐ろしい姿になっていたとしても、話を聞くために苦労はしても聞きに行く人は多いんでしょうね。

その人自身が偉大でなくても、偉大な人と関わりを持っているということで、まるでその人が偉大な人のような扱いを受ける。
それほど、偉大な人と関わりを持つことって本当に貴重な体験です。

偉大な人と出会えているのなら、いずれ、その人の話を聞かせてくれとたくさんの人が迫ってくるに違いないです。
その時に詳細に正確に話してあげられるように、準備していかなければならないなと感じます。

悟りカテゴリの最新記事