satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

生活リズムを気にしすぎて本末転倒

生活リズムを気にしすぎて本末転倒

どーも、Luckです!

 

一度、目的を定めて行なっていたとしても、だんだんとその目的意識が薄れて本末転倒になることってありませんか。

私はものすごくあります。

最近ですと、明け方を呼び起こすために生活リズムを整えようということをしていました。

ですが、生活リズムを整える一番の方法ともいえる起床時間と就寝時間の安定化。

 

 

この時間を守るために就寝時間をシビアに守ろうと努力してきました。

しかし、いきなり就寝時間を早めようとしてもなかなか眠れないものです。

布団の中でも数時間、寝付けないままでいることはざらにありますし結構つらいもの。

結局、起床時間も守れず明け方を呼び起こせないということが長らく続いておりました。

 

 

それから寝付くためにいっぱい疲れればいいのかという発想もあり、たくさん走ったりもしました。

すると、寝付くことはできたのですが、今度は疲れすぎて朝起きれないという事態に。

これこそ本末転倒。

小手先のところを変えようとしても本質的な解決はできないのかなと思いました。

 

 

明け方を呼び起こしたいのは、明け方の祈りで主との愛の対話を交わすため。

この目的があるから、行動に変化を起こしていたつもりでしたが、行動の変化をしただけで自分の中で満足していたところがあります。

それよりも、対話したいという思いを強くする方が先決だと思うので、明け方じゃなくてもたくさん祈ればいいじゃないかと思うようになりました。

明け方呼び起こして、決まった時間に祈りを捧げられればベストなんですが、霊的にも肉的にも実力が足りなすぎる私には、このやり方が一番しっくり来ています。

この段階でまずは愛を大きく育てることが重要なのかなと思います。

無論、明け方を呼び起こすことには挑戦しつつですが。

やがて、愛が大きく育ち、行動を治められるようになれば、決まった時間に呼び起こすこともできるのではと期待しております。

 

 

自分を治められず落ち込みそうにもなりますが、落ち込むと負の連鎖が起きるということも分かっているので、ある程度こんなもんでいいかと割り切るのも重要!

そうやって気持ちを切り替えられたら次元を上げていく努力をしていけばいいんです。

と、自分に言い聞かせるような文章になってしまいましたが、同じ悩みを抱えている方がいれば、深刻にとらえずに軽く捉えてみてはいかがでしょうかね。

 

悟りカテゴリの最新記事