satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

私のやりたいこと

私のやりたいこと

おはようございます、satoです。

現在、午前3時。

眠れません…笑
実はここ一ヶ月ずっとこんな調子だったりします。

今日は色々御言葉を聞いたり仕事をしたり、そんな日々を過ごしていました。

ところで、この2年間くらい、私は仕事を探したり、色々していたのですが、どうも『しっくりこない』という状態が続いていました。

で、今日御言葉を聞いて、その後色々やって気づいたのは

私は、何かを新しく創ることが一番やりたいことだった

ということです。
振り返ってみると、子供の頃から新しいものには目がなく、さらにブロックや積み木で何かを組み立てて遊ぶのが一番好きだったということを思い出しました。
空想による物語の作成も、やはりこの延長だったりします。

また、数学に対する興味も、『新しい世界が見たい、それを使って何かを創り出したい』という欲求が強くて、それで何かしら数学の論説や論文を読んでいるのでした。
私はもちろん論理による理解もしていけるし、それが一番しっくり来るのですが、その一方で一番納得できるのが『図形的な理解』でした。
たとえば、可換環の勉強の中で『射影加群』と呼ばれる概念があるのですが、それについて指導教官が『図形的な説明』をしてくれたのが一番理解できました。ただ、その内容をとっさに思い出せないのですが…(´;ω;`)

このブログをやってるのも色々なものを見て、それを通して『作り出す』のが好きだからです。特に小説を書くのが一番好き。

摂理に来ても、やりたいことができていないと苦しく、いくら罪を犯さないためとはいえ自分に制限を掛けすぎると却って精神が変調し、最悪の事件を起こしかねないと最近私は思いました。最近、まさにそんなニュースもありましたし。
特に、私は変に抑えすぎて、逆に危険な思想になりかねないなって思ったりします。(経験あり)

今日も仕事が終わったあと新しい道具を使って色々実験していました。
一つ一つやり方を学びながら、神様との考案で創る、あることのために。
こういう時間がとても楽しいのです。

一時期ゲームもしていましたが、やはり私がやりたいことではなかったなとは今でも思います。

何かを作りたい、そして新しいものを見たい。それを使って何かを会得し、それを使って新しく作りたい。

この欲求こそが、私の『個性』なんだと思います。

ならば、この欲求に従い、私は神様とともに『創り出す』人になりたいと思います。

…仕事も、ちゃんとやりますよ。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

悟りカテゴリの最新記事