BLOG

【摂理の再臨論】真夏日再来・中秋の名月とススキ

昨日は久々に快晴の週末でした(*^-^*)
摂理の農業人は土日は家族サービスと教会に出かけました!
とても充実した週末に感謝です♪
そんな中でも広島県は本当に快晴でしたね(^_^)
真夏日が再来したのでは?
と思うくらいの快晴でした!
摂理の農業人の奥様は朝から布団を干し、午後からも布団を入れ替えて干していました!!!
広島県は雨ばかりの夏だったので、久々の真夏日に体がついてこない人もいるのではないでしょうか(^_^;)
そんな快晴の影響もあり、昨夜はとても月がきれいでした!
摂理の農業人ファミリーは教会の社会人たちと銭湯に出かけました!
子供達も大はしゃぎでした♪
その帰りに車から見た月は本当にきれいでした(^O^)
農業人が「満月かな?」と聞くと、
奥様が「明日が中秋の名月らしいよ」と!
満月は満月でも9月の満月は特別ですね♪
先生の故郷、月明洞自然聖殿の美しい月を思い出します(*^_^*)
ここで、摂理の農業人のブログらしく、農業に絡んだ内容を!!!
中秋の名月と聞いて何を思いますか?
「お団子!!!」
・・・そうですよね!!!
摂理の農業人も花より団子人間です(^O^)
しかし、今日の話題はお月見に欠かせないススキの花言葉を紹介します!

ススキの花言葉は、
「活力」です!
他には
「心が通じる」などもあるようです!
まるで、摂理の中心人物!

鄭明析牧師の様ですね!
農業人も先生の様に、活力にあふれ、聖三位と心が通じて生きていきたいです(*^_^*)

関連記事一覧