satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人のマインドは、やっぱり御言葉。

摂理人のマインドは、やっぱり御言葉。

こんばんは、satoです。

みなさんは心が定まらない時、ありませんか?
何をやろうとしても、どうしてもやる気が出ない。途中で投げ出してしまって別のことをしてしまう…極的に行なうということの対極。
また、何をやってもなんか辛い。どうも心が苦しい。食べても寝ても、心がモヤモヤ。
…こんな状態です。こういうのがない、毎日シャッキリ生きられるという人は本当に素晴らしいと思います。

昨日から今日の午前中にかけて、私はそんな状態でした。
なんか、心が定まらず、なにかやろう!と思っても最後まで行えない、という状態。それでもネットはあまり見ないようにしたのですが、少し見てしまいました…。
なんか心がもやもやするんですよね…。何をやっても心に引っかかるものがある。そして、その正体は分かっていてそれをどうにか捨てようとするのだけど、うまく捨てきれない…。

何をやっても、やる気が起きない…というわけで、主日の御言葉を読み返しました。そうすると、こんな言葉が目に止まりました。

神様も、聖霊様も、御子も、「会う時」があり、その時が「自分が成長する時」です。その時、心を尽くし、思いを尽くし、命を尽くして、極的に熱く行なって、成長しなければなりません。-[鄭明析牧師による主日の御言葉から] 成長してこそ、神のようになって永遠に享受する。成長することが祝福であり、幸せだ。@マンデー

この御言葉を聞いて、そうだ…今は私が成長する時だ。今神様に出会ったのだから「今」が自分を成長させる機会だ!と心にやる気が戻りました。そして、学校で勉強していました。そうしたら神様がインスピレーションを与えてくださり、今までよくわからなかった箇所が一つ分かりました!しかも、そこは割と核心となる部分で私が考えていた問題を解く大きなヒントになるところだったのです( ´∀`)b

が、しかし。
それでも心のモヤモヤは解けませんでした。
やはり心に捨てるべきものが残っているような…。ある程度勉強も終わったので、一つ外に出ながらあれこれ考えて、お祈りをしました。そうして、また御言葉を読みました。すると…。

<間違い>はさまざまな事故を起こし、心にも体にも大きな傷を負わせ、死まで招きます。<間違い>は「つまずかせる行ない」です。-[鄭明析牧師による主日の御言葉から] 間違いは死まで招く@マンデー

間違いを犯すな、という御言葉を聞いて衝撃を受けました。そして感情を色々整理したら2日前に犯した間違いについて、何が間違っていたのかが悟られ、それを悔い改め、もう二度とこのミスをしないと決心しました。しばらく感情の整理が必要でしたが…そうしたら、心がシャッキリしてきました。

すると、神様が働きかけてとても良いことが起こりました!( ´∀`)b本当に感謝します!

今日のことを通して、改めて摂理の御言葉はマインドであり、命だなと思いました。
何故なら、摂理の御言葉を聞くと考えがはっきりするからです。神様がハッキリと「これをしなさい、これをするな」とおっしゃるから、(時には感情の整理が必要なこともあるけど)受け入れれば自分の間違った、曖昧な考えを捨てることができます。
考えが間違っていたり曖昧だったりすると、確認のミスがあったり、行動のミスがあったりして命まで危ういですからね…。だから、摂理の御言葉が「命」だと表現できます。

というわけで、今日は摂理の御言葉の価値と力を改めて感じた一日でした(^o^)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事