satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理の男の集い笑その2

摂理の男の集い笑その2

こんばんは、satoです。
今日も来ました摂理の男の集い!
前回より料理のスピード、効率もよく今日は早めに食事を始めることができました!
今日は中華料理を作りました。
当初「オイスターソース」がない、ということで醤油で味付けをしていたのですが、最後の最後でオイスターソースが見つかる、とか、キクラゲを戻していたのを忘れて炒め終わっていたり…_| ̄|○先生の御言葉通り確認大事だ…泣
それでも今回も神様の働きもあって美味しく作ることができました!感謝します。
そして、今日のトークテーマは…「摂理に来てから一番嬉しかった・苦しかったことを『みんなが感じられるように』話す!」です。
先生の御言葉にあった通り、自分が苦しみを実感したときは「こう生きたくない!絶対もう二度とやらない!」と思うんですが、次の日になると忘れてしまう。喜んだときのことも同様です。
だから、今回はその時のことを思い出して、みんなで共有できたらいいなと思いました。御言葉の価値って「一番苦しかったことが解決された時」に一番実感できますから。
今日も色々な深い話が出ました。
これは別記事で書こうかと思います。せっかく聞けたし、短く話すのはもったいないと思ったので。
ただひとつ言えるのは、私も確かに「自分を見失っていた時があって、それが御言葉で解かれた時」が一番嬉しかったです。そういう喜びで、今の摂理を走っていけるんだと思います。
こういうことを文章で書くのは一苦労。
なぜなら文章は「文字情報しかない」から。
だから、先生も相当苦労なさっているだろう、と感じます。神様の心情を、先生が伝えたい想いを、すべて言葉で表現しなくてはいけないから。その結晶である御言葉、私を救ってくれた御言葉をもっと大切にしていきたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事