satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

キツく話すことの真意。

キツく話すことの真意。

こんばんは、satoです。

今日も自動車学校に行きました。
最近自動車学校に毎日のように行っている気がします…(笑)
もう札幌は雪が降っていますが、私がこのペースで進めば卒業するころにちょうど雪道になる…といいのですが。
できれば高速教習は実車でやりたいので、ペースを上げています。

さて、今日は夜に一つ学科を取りました。内容は「車の死角」についてでした。
自動車には多くの死角があり、映像で見ると本当に見えない危険な個所がたくさんです。
私が路上で運転しているときも、駐車している車の辺りとか、見通しの悪い交差点とか、本当にいつ飛び出してくるか分かりませんし、まだ見落としているところが多いです。
このように生活でも見落としているところで問題が起こるのです…と今ぶつかっている問題を考えながら思いました。

ところで、今日の教官はいつも以上にキツイ言い方をしていました。いつも言い方がキツイ方で、若干苦手気味な教官なのですが…(´・ω・`)
私たちに色々注意を促したのですが、話していたのは何故か「自転車」の話。
そう、自動車に死角がある、ということを言い換えると「自転車に乗っているときに車のそばに来ても、運転手は気づかない」ことがある、ということなのです。
それをいくつかのケースで話をしていたのですが、その時にいつもより、繰り返し、強く注意を促していたのです。
「絶対こうしなさい」と。
私の精神的な波にもよりますが、「絶対こうしなさい」という言葉で過去自分がしていたことと違うことを話されると、すぐに理解できずモヤモヤした気持ちになってしまいます。
切り替えがうまくできないと言いますか、あとは自分の聞き漏らしも多いこととかが由来しています。御言葉の時もそうなので、本当に苦労します…(´・ω・`)

しかし、その直後にポツリと話した教官の一言で、私の心は変わりました。

「実際に、こういう事故で亡くなった教習生がいたんです…」

そう話して、過去に実際に遭った事故のことを話してくださいました。
その人はこの死角の学科を受けたのか、それは分かりませんが…もし聞いていたなら、そしてそれを覚えていたなら防げたはずの「残念な」事故だ、ということ。
最後に、少しいつもより低いトーンで、悲しそうに「だから、こうしよう」と言われたときには、私の心にしっかりと一連の内容が刻まれていました。

なぜ、その教官はあれほど「自転車」の話をしていたのか。
それは、実際に亡くなった人に直面していたからでした。
その悲しさと怖さを分かる人は、より切実に伝えます。

ふと、なぜ摂理の御言葉はキツイのか、という方に考えが行きました。
摂理の御言葉は「○○しなさい」「○○するな」という言い方がほとんどです。これは韓国語のニュアンスとか、民族性の違いもあるのですが…。
でも、一番は「そうしない/することで死んできた人を目の前で見てきた」神様だから、なのではないでしょうか。
目の前で愛を注いだわが子を亡くす心情…そして、生きている子に「あなたたちはこうしてはいけない」と話す親の心情。
また、命を救う中で、信仰が破船し神様を離れて苦痛の世界へ行き、そこで苦しみ続ける人をたくさん見てきた主の心情…。

私よりも永く生き、多くの場面を見続けた神様。
救いのために私よりも多くの人に触れてきた主。そして信仰の先輩。
そういう人が話す「キツイ」言葉には、かつてそれをしないで苦しく生きてきた人がいた、その経験があるかもしれません。

今まで「キツイ」言葉を聞くと非常に苦しくなっていた私。
だけど、もっとその言葉に、その奥にある心情に目を注いで、受け入れてみようと考えが深くなった夜でした。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事