satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

「人間でなかった」ところから復活した私。

「人間でなかった」ところから復活した私。

こんばんは、satoです。

今日、教会の人と朝御飯を食べていました。そのうちのある方が次のようなことを。

「satoくん、本当に変わったねぇ!」

その人は私が摂理に来て1-2年くらい経った頃に一度北海道に来たことがあったそうです。そのときに私を見たのですが、そのときの印象が次のようだったそうです…。

・コミュニケーションができない。

・自分だけの世界に入ってる。

・風船みたいに触れたら割れそうな感じ。

総じて人間でなかったとのことです(笑)
聞いてて、思わず大笑いしてしまいました(笑)
その人はそんな状態だった私に気を遣って、私と話をしなかったそうです。
どうりで覚えていないわけだ(笑)

そういえば、この時高校の友達とも話をしてました。数年後にその友達と会って近況を話していましたが、当時のことを次のように語っていました。

「あのときは本当にヤバかったよね。宗教にのめり込んでて大丈夫かなって…」

今は色々楽しんでいるようで、安心した、と話していました。
そういえば、この友達には教会に通っていることを話していましたね…。

当時の精神状態を振り返ってみると、

摂理がどういうところか分からないまま、「摂理がカルト宗教だ」というネットの情報をほぼ鵜呑みにした状態で、精神的にいろいろ不安だった
「しなければならない」という言葉を聞いて、半ば強制的にいろいろやっていた
そもそも、人目をすごく気にしていつも不安が絶えなかった(だから、一人でいたかった)
そんなストレスから逃避するためか、神様との祈り、対話(のような独り言…?)や空想世界に没入していた

…そんな状態なら、誰しもが不安に思いますよね(´・ω・`)

こんな私ですから、最初の人も含め「この人はいつか摂理から離れているだろうな…」と考えていたそうです。
といいますか一番そう思っていたのは自分でした(笑)もちろん、教会の多くの人は相当祈ったりいろいろよくしてくれましたけど。
ところが、そんな私が今も摂理にいる。それも結構元気になって、しかも楽しく信仰生活をしている
このことに、最初の人は結構感動したようです。

今では、初対面の人にもすぐに心を開いて話せるようになりました。というか、むしろ話しすぎるくらいです(笑)
自分だけの世界に入ることは…今でもありますが、以前よりは現実世界に実感を持って楽しめるようになりました。
繊細なところはありますが、だいぶタフになりました(笑)もう少し丁寧さがあるといいくらい(笑)

こんな風に変化したのは間違いなく摂理に来て、神様の愛を受けながら御言葉を聞いて自分を作って変化させたからです
正直自分がなにかできた、ということはなく、本当に鄭明析先生の祈りと御言葉、そして教会の皆が神様の愛で接してくれたからです(*‘∀‘)
だから、私はこんなに生まれ変わりました。「人間でない」と言われたところから人間になれました(笑)
私を生まれ変わらせてくださった神様と摂理に感謝します。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事