satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

もっと「分かって」信仰生活を送りたい。

もっと「分かって」信仰生活を送りたい。

おはようございます、satoです。

摂理に来てもうすぐ8年になります。
はじめは何も分からなかった信仰生活。
私は「言葉を聞いて理解できる」タイプというよりは「感覚があって初めて理解できる」というタイプです。なので、BSを聞いていても全く理解できないどころか、言葉すらうまく入らないような状態が続いていました。
これは今でもそうで、御言葉を聞いていても、人の話を聞いていても、「自分の中に感覚がない」ことは本当に理解できないのです…(´・ω・`)

はじめは御言葉を聞いても、ただ想像するだけで終わっていました。
しかし、お祈りをしたり、自分のことを打ち明けたり、実践してみたりして、少しずつ「実体」が掴めるようになってきました。
前だったら分からなかった神様の愛、御言葉の貴重さ、霊的なことなど…そういったことが自分の中で少しずつ理解できるようになってきました。

しかし、未だにわからないことの方が多いです。
信仰生活とはどういうことをすることなのか?
どうやったら神様を喜ばせることができるのか?
どうやったら自分の罪が悔い改められるのか?
BSの内容がどういうことを言っているのか?
そういったことは未だに理解できずにいました。
特に「神様を愛すること」というのがどういうことなのか、未だに感覚が掴めていません。

今まで私がよく分からないまましたことでうまくいくこともありました。
神様の愛を受けられるようになり、時たま上手く行くこともありました。その時確かに「神様が働いた」と考えはするのですが、本当に神様が働いたのか、それともただ単に上手く行ったのか、それがはっきりと分かりませんでした。

だから、上手く行ってもなんとなく喜べませんでした。「自分がやった気がしない」のと、「自分の中に残るものがない」感じがしたから。
もちろん天には義として残るのですが、自分が作られた感覚がないし、本当に経緯が残ったのか曖昧だから、なんか微妙なのです…(((^^;)

もっと分かって行いたいと思って、あれこれ考えながら実践してみてます。
今週の摂理の御言葉あれこれと考えてみれば答えが出てくるし、疑問が解ける。という御言葉通り、これまでの御言葉を考えながら色々試してみようと思っています。
一つ掴めてきたのが、「お祈りしてから行うとお祈り通りになる」という感覚です。これについてはまた時を見て話せたら…。

今まではっきりと分からなかった信仰から抜け出して、はっきり自信を持って行える信仰を目指します!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事