satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

謹賀新年!2016年の摂理人satoの抱負。

謹賀新年!2016年の摂理人satoの抱負。

あけましておめでとうございます!satoです。

改めて昨年このブログを読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。
また、今年はじめてこのブログを読まれる皆様はじめまして(^^)
2016年もこのブログをよろしくお願いします( `・∀・´)ノ

さて、始めが肝心だという摂理の御言葉もあるように、一番最初の日に今年一年の目標と方針をしっかりと定めることが大事です。
一年の計は元旦にありということわざもありますしね。

さて、今年の目標を考える前に、まずは昨年の目標達成度を振り返りたいと思います。

昨年目標の振り返り

昨年は研究やこのブログ、そして信仰面の三方向でそれぞれ達成すべき目標を定めました。どれも実現したいとか、実現しなければならないものでした。ですが…結論から言うとどれも達成はできませんでした(´・ω・`)

神様はこの目標を達成させようと、色々な働きをしてくださいました。たとえば、研究面においてはときに感動を与えて自分が研究を進められるようにし、時には指導教官などを送ってくださり、自分では解決できない問題を解いてくださり、時には人を通してそれまでの結果で論文を書くよう導いてくださいました。そして、私自身やってみようかな、という感動はありました。
これはブログ関連の方でも、信仰面でもそうです。

しかし、神様の働きはあっても、どうして達成できなかったのか。

それはひとえに…私の意識面と生活のリズムが上手くできていないという問題が完全に解決されなかったから、なのです…(´・ω・`)要するに、私の行いが足りない、ということです。

というわけで、この問題を解決しなければならない、というのが2016年の目標達成への重要なポイントです。

達成は出来なかったが…

実はこの内、「意識面の問題」については少しずつ解決され始めてきました。というより、2015年はこの問題を解決するためにあったのではないか、というくらい様々な御働きがありました。
2015年の振り返り記事でも書きましたが、今年、特に12月はできる!という感動を強く与え、肯定的に考えることが多くありました。そして、様々な体験を通して「自分にも出来ることがある」という経験を得ました。
さらに、失敗したときに「落ち込む必要はなく、ただ『その後どのようにフォローするのか』を考える」という経験も多くしました。
その御蔭で、以前より失敗して落ち込むことは少なくなった…と思ったのですが。

昨年末から昨日まで、精神的にかなーーーり参っていました(;´∀`)それはあることが原因なのですが…。

そのことで、神様に正直に告げました。

神様、どーーーしても、堪えられません!限界です!自分でもどうしてこういう反応するのかわからないんですけど、どうしても、どうしても辛いんです!!
自分が悪い、間違っているというのは感じるのですが、どうしても相手を責めてしまいそうです…。

ということを涙ながらに神様に伝えました。

その原因も過去のいじめられた経験、もっと言うと自分の言動や行動一つ一つをからかわれたことに強い負担感と劣等感があり、それをずっと溜め込んでいたということは分かっていました。しかし、どうしても解決できませんでした。
それを認める、ということは「相手を責める」事になってしまうから。どうしても、それは違う気がして、でも、どうしたら良いのかわからず、とにかく祈っていました。

その後、あることがきっかけでなんと、この問題が解決しました。

かつていじめていた人たちも、「悪い考え」に囚われてしていただけだ。
その悪い考えを責めるべきであって、人を責める必要はない。
そして、その悪い考えが、今も私を苦しめているんだ。

そう、本当に倒すべき敵を見つけたのです。いじめを促す「悪い考え」、劣等感、疎外感…を。

このことを分かったときに、同時に

私はかつて言われたような「価値の無い人間」ではないのだ。本当は、神様の御言葉通り「価値がある人間」なんだ。

ということがストンと、心のなかに入りました。
これが、2015年に行なったことを通して成された、最大の変化、神様の『考えの』祝福でした。

2016年の抱負

その上で、今日は主日ですので(三ヶ日のために曜日感覚がなくなりそうですが(笑))礼拝で摂理の御言葉を聞いたときに、ふと感動が来ました。

私も、もっと次元を上げよう。
本来の価値にふさわしく、自負心を持って生きてみよう。

そして、その上で

日々の生活も次のステージに行くときが来た。自分の目指すビジョンを成せるように、色々変えてみよう。

という目標を立てました。

実は、この話はいくつか与件がありまして。
たとえば、同年代の人々とたくさん接して、その人達がどのようにするのかを見たり。
教会で共にしている人から「もっと自分の能力と成したいことを出来るための仕事をしたほうがいい」という話を聞いたり。

今までは過去のいじめに起因する「極度の劣等感」によってその言葉が塞がれていたのですが…やっとそれが耳に入りました。

論文作成や研究の発展ももちろん大事なことなのですが、その上で…自分が摂理に来てからずっと考えて、考えて、考え続けて、見えてきた『私の夢、数学を通して私がこの世界に働きかけられること』を成すために必要なことをしてみよう、と思うようになったのです。といいますか、論文や研究もこのために必要、といったほうが良いでしょうね。

昨年の経験からも、必要なことはいずれ神様が成してくださるという確信を持ちました。もちろん、自分の責任分担、特に『諦めない』ことは重要なのですが。

大事なのは、それを「どのように」成し遂げるか。
自分にとって力を付け、自立できるように成すのか。それとも、ただ神様の力だけで、私は何もしないで成すのか。
大きく成し遂げるのか、小さく成し遂げるのか。

私は、常に神様との経緯を作りながら、成したいなと思います。
ただひたすら神様だけを見て、神様を感じながら、御言葉を行いながら、楽しく、成したい。
それが、私の2016年の抱負です。

外面の目標より、内面的なことに設定したほうが、常に意識できるし、その方が私にとって考えやすいので…こういう目標設定にしました。一応、外面的な目標も設定しておきます。

1.『自分の夢』を成すために必要なことを学べる、より条件がいいバイト、仕事を探す。
順調に行けば今年3月をきっかけに条件の幅が広がるようになります。それを使って、よりよい(霊的、経済的)条件のバイトを探してみよう、ということです。

2.ブログの毎日更新、物語の作成
物語の方は実は昨年の目標の一つでした。今年はもっとじっくり、本格的に取り組んでみたいと思います。ブログも一つ一つをしっかり、分かりやすく書くことを目標にします。

3.研究の完成、自立できるように学ぶ。
今週の御言葉でも次元を高めるためには学ばなければならないと話をされました。
昨年は「数式の理解の仕方」や「計算方法」について学びましたが、今年はもっと「研究の仕方」や「計画の立て方」についても学びたいと思います。

4.生活リズムの安定化、特に「時間を守る生活」の遂行
上記の目標を成すためには生活リズムが安定しなければなりません。今まで過度な劣等感に苛まれ、自暴自棄に陥りやすかったのですが、今年は自負心を持って、もっと良くなろう!という意識で臨みたいと思います。そのために、発達障害の方々の実践方法を取り込んで、自分に合う方法を模索してみます。

5.性格の安定化、特に「申し訳ない」感情をためすぎない
これが原因で怒りとか血気が出るので、申し訳ないと思う前に神様に告げ、まずは自分の心を神様に委ねます。

…なんか、多い(;´∀`)

一番は4と5の目標達成ですね!そうすれば、必ず他も達成されますから!

さて、こういう目標にしてみましたが、果たして今年はどのように一年が流れるのでしょうか?今から楽しみです(人´∀`).☆.。.:*・゚

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事