satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の徒然なる詩:私の人生には賛美が絶えない。

摂理人の徒然なる詩:私の人生には賛美が絶えない。

私が一番つらいとき。
摂理にいるなかで苦しくて、心が乱れて、祈れなくなるとき。
摂理の御言葉を聞いて心が受け入れられず苦しくなるとき。
私は「讃美歌」を歌っていた。
賛美を心を込めて、集中して。
そうしたら、心が楽になり、神様に向かう愛を思い出す。
「賛美は、曲のついた祈り」。
私の心の奥底に眠っていた「神様を愛する心」が呼び覚まされ。
その心が、私の口を通して神様に向かい。
神様が受け取られ、喜ばれているのだろうか。
その喜びが、私の霊に届いて、魂を通して。
私の心の喜びとなり、肉体の力となるのだろうか。
「摂理の賛美は、御言葉を歌詞にしたものだ」。
その賛美の歌詞を深く思えば、そこに溢れる三位の思い。
御言葉を私の脳が思い出し、
私の考えを刺激して、乱れて散り散りとなった心を一つにまとめ。
決心させ、行わせる。
いつも心に喜びが溢れるときも。
力が欲しいときも。
私は言葉にするのが下手だから。
だから、私は賛美を歌う。
気がついたら、賛美を歌っている。
神様を褒め称える賛美を。
主への愛の告白を。
主の哀切な心情を。
摂理への希望を。
喜び、楽しみ、悲しみ、涙。
そのすべてを口を通して表現する。
私には歌の技術はないけれど。
それでも、毎日歌う。
私の人生には、讚美を通して、三位が共にする。
そう信じて、今日も歌うのです。
No music, No Life. No gospel, No Life.

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事