satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人が感じた神様の…

摂理人が感じた神様の…

こんばんは、satoです。
今日の自体お祈り会で御言葉を聞いて、あることに対する答えがわかりました。
私はここ最近摂理を走る、生活の中で御言葉を行うことに対してとても「つらい」と感じていました。どんなに御言葉を聞いてもこのつらさ、寂しさをなくすことができませんでした。
どんなに御言葉を読み返しても、たくさん神様を呼んでも、その時は神様を考え、嬉しくなるのですが…そのあと段々と考えなくなるのです。
どんなに祈っても「神様の権勢」が悟れませんでした。
しかし、今日その理由がわかったのです。それは「神様に対して信じきれなかった」ことです。神様を信じないから、摂理を走りきれない。御言葉から力を受けられない。神様の権勢が悟れない。
この事を告白し、自分の不信仰を悔い改めたとき、今まで感じていた聖三位が大きく感じられたのです。そりゃもう…言葉にできないくらい大きく。
そういえば、先生の御言葉で「神様の価値を知る人は神様を大きく感じる」とありました…。
そして私の口はこのように告白していました。
「このように偉大な聖三位にまみえることがどれほど栄光で、喜ばしいことでしょうか!そばにお仕えできることに感謝します。」
私の脳はこの言葉を完全に理解してはいないのですが、それでもこれが「喜ばしいことだ」とは感じたようです。
これもすべては先に聖三位を愛し、仕え、御子が地上に来られるようにしてくださった先生のお陰です。そして、節食して祈った先生の条件ゆえ、神様を近くできたのです。
続けて神様の権勢を脳が忘れないようにお祈りします。本当に感謝します。、

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事