satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と持続性、そして段階的な変化。

摂理と持続性、そして段階的な変化。

こんばんは、satoです。
何をするにも「持続して行う」ことが成功の秘訣です。これは皆さんもよく知っているし、世の中でもよく聞くことでしょう。
たとえば、筋トレ、運動、節約…一日やってもたいして変わらないけど、ずっと続ければ健康にもなるし、お金ももっと自由に使える。できることなら続けたいですよね?
しかし…この「持続的に行う」ということがうまくできません。それはどうしてでしょうか?
簡単に言うと…
1.同じことを繰り返してだれる、飽きるから
2.やったことないのにいきなりやるから辛くなり、続けられなくなる。
からです。よく三日坊主と言いますが、やってて面白くないことを続けるのは相当苦痛ですよね。でも、何をやるにしても最初は面白くない。
それならどうすればいいのでしょうか?
鄭明析先生は御言葉でこのようにおっしゃいました。
「自分のいる位置に合わせて、段階的に、漸進的に行いなさい。」
走ったことのない人がトラック10周できるようにしたい、とします。それなら、まず3周走り、自分がやることが当たり前のようになるまで続けます。3周で辛いなら1周でもいいです。
そして、慣れたら5周、7周…とだんだん増やしていき、その都度「走れるのが当たり前になる」まで続けて、10周走れるようにするのです。
こうすれば、それぞれの段階で変化を感じて楽しいし、無理なくできるから辛くありません。
このように自分を変化させてこそ無理なくできるし、楽しくできるし、確実にできます。
もし自分がやりたいけどなかなかうまく続かない、というときは目標設定を調整し、続けてできることから始めてみてはいかがでしょう?

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事