satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

「自分を運営できていますか?」~スタートダッシュの大切さ~

「自分を運営できていますか?」~スタートダッシュの大切さ~

おはようございます、satoです。

色々頑張ってやっている2017年ですが、今週に入ってちょっと調子が合わなくなりました。
具体的には明け方起きることができないということでした。起こされてギリギリ教会に行けているくらいで、明け方の礼拝後に深く祈れるものの…やはりもう少し明け方お祈りしたいです。
果たしてこの原因はなんだろうか…また私に何かの罪があって…と考えていたのですが、鄭明析先生の明け方の箴言を聞いて理由がわかりました。

今日は「人生の運営」について話をされました。
初めが良くても運営がしっかりできないとお店が潰れてしまいますよね。
「必要なものを買い揃える」とか「より店が栄えるために工夫する」とか、無駄遣いしないとか…そういう運営をしてこそお店が続き、栄えます。

2017年の初めを割りとしっかりできた、と感じている私にとって、これは刺さりました。
初めしっかりできても、続けてもっとうまくやらないと終わりが良くなくなるよ…と。
特に、次の箴言は今の私の問題を端的に述べていました。

初めからちゃんとやらなければならない。一日を運営するにしても、初めから、明け方からちゃんとやってこそ、一日中時間が足りないことなく、すべきことをして、うまく運営される。
<一日中熱心にやる人>だけが「その日の運営をよくやった人」になる。

強調部は私がしました。
この「初めから、明け方からちゃんとやってこそすべきことが全てできる」というのは、まさに今の私の問題でした。
明け方はかろうじて来て、お祈りは深くできている方ですが…問題はその後。少し疲れているので休むのですが…それが何時間にもなってしまうのが問題でした。
寝る時間だけでなく、起きるときもダラダラとしていてこれだけで多くの時間を浪費してしまいます。
一日のスタートダッシュを遅く切るから、すべきことがすべて終わらず、結局夜遅くなってしまいます。
そして、明け方も遅くなり…という負のスパイラルに陥っていました。

つまり、明け方起きたあとから続けてすべきことをすれば、今ぶつかっている問題を解決できる!
ということで、さっそく実践しました。明け方お祈りをして、いつものところで賛美を捧げて祈り、そしてその後自分のすべきことをしようとしました。

ところが。

最初にしたことが思いの外上手く行かず…少し考えているうちに眠気が来て…その場で寝てしまいました(ノД`)
たぶん、昨日より疲れていたのでしょう、昨日と比較して眠気が強かったとは思っていましたが…。
気がついたら、3時間経っていて、しかし疲れは取れず。さすがにちゃんと休もう…としていたらあっという間にいつもの時間。・゚・(ノД`)・゚・。
結論として、自分がどれくらい疲れているのかを把握して、必要なだけ休むということを学びました。
うまく自分を把握しないとですね…これも自分の運営に必要なことです。

寝たことには軽くショックでしたが、試みたことで良かったこともありまして、いつもならある「だるい感じ」がなくなっていました
おそらく、ちゃんと寝るタイミングで寝ていたから、すっきりできたのだと思います。
考えてみると、いつもは他の人が寝ている雰囲気で自分もそこまで疲れていないのに寝ていたことが多かったのです。
おかげで、現在すべきこともできるようになり、一日をスッキリと生きられそうです。

昨日やったこともしっかりとできたので、次の段階に行けそうです!感謝して今日も1日生きていきます!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事