【摂理人が書く物語】小さな種のお話。


-昔々、ある所に、一人の農夫さんがいました。彼は手に多くの種を持っています。
今日はおひさまが出ていて、暖かな春日和。そう、彼は畑に種を蒔きに来たのです…-

「よーし!大きな木になるぞー!」

「いや、それよりも僕は美味しい実を沢山結ぶんだ!」

農夫の手に耳をすませば、手に持っている種たちが話をしています。
彼らはそれぞれ育った後の姿を考えながら、期待に胸を膨らませます。

「…お前、ホント小さいよな!」

「しかも、シワシワで、変な形!」

その中で、一粒の種が周りからいじめられていました。彼は他の種よりひときわ小さく、シワシワで、ちょっと不思議な形をしていました。

「…うぅ…僕だって、こんな姿で生まれたかったわけじゃ…」

小さな種も自分の姿を見て落ち込んでいました。

「ったく、そんなんで本当に育つんかいな!」

「お前は食べられてしまえば良かったんじゃないか!?」

そんな姿を見て、ますます悪く言う種たち。

「…」

小さな種は、何もいえませんでした。
自分の姿に自信が持てず、自分の良さもわからず…。

「やー…」

悪口の声が遠ざかります。悪口を言う種も、そして、小さな種も空中に放り出され…土深くに植えられました。

—————————-

おひさまが強く照らす、ある時。
農夫さんの畑にはいくつもの芽が出ていました。中には双葉が出ているところもあります。
そんな中…

「…おい、今日も生えてねーぞ」

小さな種のところは芽が出ていませんでした。

「おい、どうしたんだよ!お前も水をもらっているんだろ!」

「土だって栄養たっぷりだぜ!お前もたくさんもらっているんだろ!」

そんな小さな種に、変わらず悪口を言い続ける他の種たち。

「うぅ…僕だって…少しずつ変わっているんだよ…」

そんな悪口に、精一杯の声で答える小さな種。

「よかった、枯れてたんじゃないんだ…」

そんな小さな種を見て、心配したり同情してくれる種もいますが…

「やーい、のろま!お前も悔しかったら、早く成長してみせろー!」

多くの種たちはこぞって悪口を言います。

ところで、農夫さんはどうしているでしょうか?
ずっと芽を結ばない種を見て、諦めてしまったでしょうか?いいえ、そうではありませんでした。
彼はいつも皆に水を与え、雑草を抜き、肥料を与えていました。もちろん、小さな種のところにも。
毎日、毎日、どんなに暑くなろうとも…。雨が降った時も、種が流されていないか見回っていました。
そんな農夫さんの行ないを受けて…小さな種も

「…眩しい…これが、おひさまか…」

やっと芽を出しました。

—————————-

カァー!カァー!

「うわっ!またカラスが来たよ!」

「あいつ、ホントしつこいなぁ…」

おひさまが輝く夏の暑い日。種はいつしか若木となり、中には枝を茂らせるものまでいました。
そんな中…

「やっぱり、小さいよな、お前」

「…」

小さな種も若木となりましたが、皆より少し小さかったのです。さらに…

カァー!カァー!

「うわっ…!!」

小さな種、いや小さな若木に何故かカラスがいつも襲いかかっていました。
それを追い払う農夫さん。

「はぁ…お前のせいで、俺達まで怖い思いをするだろ!」

「お前はどうしていつもそうなんだ!」

「そんなの知らないよ…どうしていつも僕ばかり…」

周りの声を受けて、落ち込む小さな若木。

「どうして僕は、小さいし、育つのが遅いんだろ?

どうして僕は、変な形なんだろう?

どうして僕にだけカラスがいつも襲いかかってくるんだろう?」

小さな若木には疑問がいっぱいでした。

「はぁ…僕は、本当に蒔かれてよかったのかな?」

そんな疑問も浮かぶ、彼の前には…
カラスを必死に追い出し、小さな種から守る農夫さんの後ろ姿が見えました。

—————————-

「…暑い…」

おひさまがカンカン照りの夏の日。水も乾いてしまう、大変な暑さです。

「…はぁ…もういいや…」

「え?」

小さな若木の前にいた木がそうつぶやきました。見ると、葉っぱもシワシワで今にも枯れてしまいそうです。

「もう、いいや。俺は諦めるよ」

「ダメだよ!せっかくここまで育ってきたのに…」

「でも、次にいつ水が来るんだよ…いつもの水じゃ足りないんだよ…」

不満を告げる木。どんどん枯れていきます。

「もうすぐ、もうすぐ雨だって降るよ!」

「…そんなの…待ってられるかよ…こんなつらいの…もうゴメン…」

「あ…」

そういって、目の前の木は完全に枯れてしまいました。

「…」

それを見つめる小さな若木。

—————————-

「うぅ…」

暑さがさらに続く、夏の日。
小さな若木も苦しんでいました。

「……うぅ…」

葉っぱも力なくうなだれています。

(「こんなつらいの…もうゴメン…」)

かつての枯れてしまった木の言葉が浮かんで、生きる力を失いそうになります。

「…」

しかし、小さな若木はなんとかこらえていました。それは…

暑い中、毎日毎日水をやり、害虫から守ってくれる農夫さん。
彼も汗をダラダラ流しながら、毎日木たちの手入れをしていました。
いつも、暑い中水をくれる農夫さん。
いつも大変だけど、一つ一つの葉を見て害虫がついていないかを見る農夫さん。
いつも襲いかかるカラスから守ってくれる農夫さん。

「…農夫さんのためにも…」

そんな農夫さんを見て

「最後まで…がんばろう…」

小さな若木は最後まで生きようとしていました。

と、それまで晴れていた空が急に暗くなりました。空を見上げる農夫さんは、どこか嬉しそうでした。

ポツ。ポツ。

「あ…」

小さな若木の葉っぱに、水滴が当たります。

その水滴はどんどん多くなり、いつしか雨になっていました。

「やったー!久々の雨だ!」

「よかったー!もうすぐ枯れてしまうところだったよ」

喜ぶ木々たち。

「今のうちに…たくさん水を…」

小さな若木も水をいっぱい吸って、元気になりました。

—————————-

暑かった夏も過ぎ、段々と涼しくなってきました。

木々の中には花を咲かせ、実を結んだものもいました。

「どう?綺麗な花でしょ?」

「俺のこの実を見なよ!とても美味しそうだろ!」

皆がお互いの自慢をしています。そんな中…。

「お前…まだ実を結んでねーの?」

「というか、花も咲いてないじゃん」

小さな若木…といってももう小さくもないし、若木でもないのですが…彼は立派に成長したけど、まだ花を咲かせていませんでした。しかも…

カァー!カァー!

「痛っ!」

相変わらず、カラスに襲われていました。

「ホント、どうしてお前はそんなにカラスに襲われるんだろうね?」

「ボロボロだし…」

葉や枝は無事なものの、幹はカラスにたくさん突かれてボロボロでした。

「農夫さんにも、見捨てられたんじゃねーの!?」

「お前、ほんとにノロいからな~」

そんな姿を心配するどころか、さらに悪口を言う周りの木たち。でも…

「…痛いけど、もう大丈夫だ。倒れることはない…」

彼は、気に留めませんでした。

「農夫さんは今まで僕を守ってくれた。僕がちゃんと育つように、最後まで世話をしてくれた。
あとは、僕が育つ番だ!」

農夫さんに対する愛が揺らぐことなく、彼は育っていました。

「…でも、僕がまだ花を咲かせられないのは…はぁ」

でも、自分がまだ花も咲かないことがとても悔しそうでした。

そんな彼を見ながら、

農夫さんは、笑っていました。

—————————-

そして、秋も深まった収穫の時。

「…ふぁ~、良く寝た…」

朝日が差して、起きた木々たち。

「って、あれ!?」

そこで見たのは…大きな樹となった「小さな種」。

「でっかぁ…」

しかも、ただ大きいだけでなく、黄金の、立派な実をたくさん結んでいました。

「マジかよ…」

「とても…いい香り…」

周りの木たちがいろいろ話しているのを見ながら、一人「小さな種」は思います。

「そうか…どうして僕が小さく、変な形だったのか、分かった気がする。

もっと水を吸って、できるだけ地中に深く埋まって、深く根を張るためだったんだ。
そうやって、最後にたくさん栄養を吸うためだったんだ。

どうして、僕がずっとカラスに襲われていたのかもわかった。

カラスにとって、僕の香りはとても美味しそうだったからなんだ。そして、カラスに幹を突かれたけど、その分たくさん回復して、幹が丈夫になった。

そして、日照りだった分、丈夫に育って…あぁ、全てはこの時のためだったんだ…」

そう、皆より小さな種だったのも、変な形にも、カラスに襲われたことも、日照りも、全てに意味があったのです。それを「小さな種」はやっと分かったのです。

「本当に…最後までやって良かった…」

とても嬉しそうな「小さな種」。そこに、実を獲ろうと農夫さんがやってきました。

「農夫さん!今まで僕を守ってくれてありがとう!
これからは毎年秋になる度、僕がたくさん実を結んで、あなたを喜ばせますね!」

農夫さんと、「小さな種」は笑っていました。

—————————-

Kさんは脇に子供を抱えながら、物語を読み聞かせていました。子供は、ワクワクしながらKさんを見つめています。

K「小さな種はどうして自分が小さいのか、育つのが遅かったのか、たくさんわからないことがあったの。
でもね、最後に大きな樹になって実を結んだら、全部分かったのよ。このようにね…」

ゆったりと流れる時間。聖霊様もその場所に居て、二人を微笑ましくご覧になっています。

K「最後まで神様と聖霊様と御子を信じて、愛して、神様の御言葉を聞いてやってみたら、
わからなかったことも、
神様の思いも、
間違っていたこともすべて分かって、
それまで得られなかったことも得るようになる
のよ」

子供はその言葉にウンウンと頷いていました。
ちょっと難しい話のようにも思えますが…

K「途中カラスにたくさん襲われたり、日照りにあったみたいに、最後まで行くのはとっても大変。
でもね、最後まで行ったら<それまで頑張ったご褒美>を神様がくださるの。だから、大変でも最後まで頑張ろうね~!」

はーい!と元気よく返事する子供ちゃん。とっても可愛いですね(^^)

K「大変なときは神様のこと、主のことを考えてね。
神様は最後のあなたの姿をご存知なの。だから、神様はたとえ自分がうまくできないと思っていても、何度も躓いたとしても、絶対見捨てないで、最後まで愛して、助けてくださるのよ。その姿を見て、『小さな種』のように、がんばろう!」

元気よく返事をしながら、とても嬉しそうな子供ちゃん。
神様の愛を見て、とても嬉しそうです。

この子供もまた、小さな種。そして、私達も。
生きる中で色々な苦労があるでしょうし、よくわからないこと、つらいこと、苦しいことにも出くわすでしょう。
時には、神様の愛を感じられず、苦しくなることだってあるかもしれません。誤解やすれ違いもあるでしょう。

それでも、最後までやった時に、甲斐も感じ、苦労した対価を得るようになります。
そして、最後までやった時に「本当の自分、本当の愛、本当の神様」に出会えます。

神様は、私達の真の価値をご存知です。
だから、神様はいつも私達を助け、守り、いつもそばで愛してくださっています。でも、私達が分からないから諦めもするし、落胆したり、怒ったり、不満を漏らしてしまいます。
そんな私達を見て、神様はいつもドキドキハラハラ…ちょっと、申し訳ないですよね?

神様が私達を見て心配なさらないようにするためには…

三位が心配なさらないようにするためには、最後までやらなければなりません。
最後までやってこそ、疑問も誤解も解け、損をしたものも得ます。

2015年もあと僅か。今年を悔いなく生きましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。