satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

【摂理人が書く物語】私たち、天のアイドル「All for One」! その2

【摂理人が書く物語】私たち、天のアイドル「All for One」! その2

←その1
少し前、練習を始める前に戻りましょう…。
G「よーし!じゃ、さっそく練習しよっ!
これから私が作ったダンスを教えるね!」
L「はい!!」
練習をさっそく始めるGさん、乗り気なLちゃん。
A「なんだか…仲良いね、二人とも。」
B「バレーの時に二人が同じチームだったけど、そこで意気投合したみたい。」
A「あ、Bがブロックしてた時だね。」
それを見守るAさんとBさん。
まずはGさんがLちゃんのパートを教えるみたいです。
G「まずはこうステップを踏んで…」
L「こうですか?」
G「そうそう!やっぱり覚えるの早いね!」
L「ありがとうございます!!」
G「で、次は…こうして…ここでターン!」
L「あ、Gさん!!」
Gさんが振り付けを教えている途中、Lちゃんが突然何かに気づいたように声をあげます。
G「どうしたの?」
L「そこなんですけど…私、そこはこうしたらいいかなって思うんです!!」
そういって、そこを踊って見せるLちゃん。
G「そうかな…?少しリズムが合わない気もするんだけど…。」
L「ん~…でも、こうするともっとGさんと私がよく見えますよね!」
G「…ふむ。じゃあ、そうしよっか。」
A「うんうん、Lちゃんも積極的にダンスを考えてて、いい感じだね。」
B「うん。」
Lちゃんの提案を受けて、少しダンスを変えるGさん。
G「じゃあ、続けるね。次は…AさんとBが二人でステップを踏みながら前に出て…」
A「あ、私!?」
B「こうだね。」
すんなりこなすBさん。一方…。
A「え、え~と…こうかな?」
G「ちょっと違いますね。1,2,3…とこんな感じです。」
Aさんは少しおぼつかない足取りです。Gさんがゆっくり見せてあげますが…。
A「…こう?」
G「ん~…惜しいです!そこは…」
L「Gさん!!」
G「どうしたの?」
L「ちょっとだけ簡単に、こうしたらいいのではないでしょうか?」
そういって、少し簡単なステップを見せるLちゃん。
G「それだと…曲とちょっと合わない気も…」
L「でも、たぶんこれくらいの方が覚えやすいと思います!」
B「A、どう?」
A「Lちゃんの方なら…なんとか。」
Aさんもゆっくりですが、なんとかLちゃんの言ったとおりに動けました。
A「これなら、少し練習すれば覚えられると思うよ。」
G「そうですか…。」
Gさんは少しステップを変えることを渋っていますが…。
L「Aさんはそこまでダンスを重視するわけじゃないんですよね?」
G「まぁそうだけど…。
…うん、そうしよっか。二人のステップはそれでいきましょう。」
A「よかった…なんとかなりそう。」
Lちゃんの一言でステップを変えることにしました。安心するAさん。
GさんとLちゃんが話し合って決めていることにも安心しているのでしょう。
B「…」
一方、Bさんは少し不安になります。
B「(…G、少し自分の意見を押し込めてる気がする。
Gは…自分のすることにこだわりがあるし、あんまりダンスを変えたくないはずなんだけど。
もしかしたら、Lちゃんのことを気にして?)」
Gさんが「本当に納得して」Lちゃんの意見を聞いているのか、を。
Gさんと長年付き合っているからこそ分かる彼女の言動の変化から、何か嫌な予感を感じ取ったのでした。
G「じゃ、気を取り直して…次は、AさんとBが前で…」
L「Gさん!!そこは…」
G「え?」
Gさんが次の振り付けを見せると再びLちゃんが意見を出しました。
L「こうしたら、もっと二人が映えると思います!」
G「…」
嬉々として自分の思いついた振り付けを見せるLちゃん。一方、Gさんは黙り込んでしまいます。
A「Lちゃん、なんだか楽しそう。自分の意見も取り入れてもらえるから、もっと積極的になってるね。」
B「…嫌な予感がする。」
A「え?そうかな?」
B「Gがさっきから黙り込んでる…。」
A「あ、確かに…。Lちゃんが色々話して、Gさんは…大丈夫かな?」
G「でもね、ここはこうすることで…」
自分の振り付けについて詳しく説明するGさん。
L「あ、そうですね…う~ん。」
しかし、まだ納得できていないLちゃん。
B「そこはね…こうこう、こうやるから…」
L「あ、なるほど!わかりました!それなら、Gさんの振り付けの方が良いですね!!
そこまで考えてたなんて…すごいです!!」
G「あ、うん。ま~ね!Bも、よくわかったね!」
B「Gちゃんとは付き合い長いからね。」
Bさんがフォローして、ようやく理解したLちゃん。褒められてちょっと気分のいいGさん。
A「…大丈夫、だよね?」
しかし、なんだか雰囲気がおかしくなってることにAさんも気づき、少し不安になります。
そして、それは…
G「よし!じゃ、ここまでを曲を流しながら通してみましょう!」
L「はい!!」
通しながらの練習で…
~♪
G「…ストップ!そこは右でなくて、左ターンです!」
A「あ、そっか!ごめんなさい。こうかな?」
G「オッケーです!じゃ、もう一回行きますよ!」
~♪
G「ストップ!!Lちゃん、もう少しターンを大きくしないと…」
L「あ、すいません!!」
G「もう一回行きます!」
~♪
G「ちが~う!そこはそうじゃなくて…」
L「あ、あの…」
G「Lちゃん、どうしたの?」
L「やっぱり、さっきのターンは小さいほうがいいと思うんです。」
G「…いや、そこは大きくしないといけないの!」
L「Gさん…」
通し練でうまくいかず、フラストレーションがたまるGさん。そこにLちゃんから再び改善案を挙げられ…思わず声が大きくなってしまいます。
それを聞いてLちゃんも…
L「それだとイケてないですっ!ここはこうアレンジしたほうが…」
自分の意見を強めに話します。
G「イヤイヤ!それだと動きにくいじゃない!」
L「でも、見せ方としては…」
G「見せるのも大事だけど、動きにくいと…」
A「え、あ、あの…」
B「…」
それをきっかけに言い争いになる二人。Aさんは突然の言い争いに頭が混乱している様子です。
一方、Bさんは二人の意見を冷静に聞きながら、
B「…でも、そこはLちゃんの言う通りだと思う。少し見せ方がよくない気がする。」
Lちゃんの方を擁護します。
G「!?Bまで、何を言ってるの!?そう動いたら、Aさんとぶつかるじゃん!」
L「Aさんはそっちに動いてやれば…」
G「そしたら、Aさんがそこにいる意味ないじゃない!?」
L「でも、そこにこだわりは…」
G「ダンスは簡単にするって言ったけど、こだわりがないとは言ってないよ!!」
Bさんとしては二人の勢いを弱めようと入ったのですが、かえって二人の言い争いはヒートアップ。
A「あわわわ…どうしよ…どうしたら…」
Aさんはただおろおろするばかり。
G「だいたいさっきから…Lちゃんはダンスのことでいろいろ言い過ぎだよ!私のダンスの動きは最後までちゃんと意味があるから、最後まで見てから話して!」
L「でも…やっぱり見せ方で気になるところがあるんですもん!!」
B「Gちゃん、少し落ち着いて…ちょっと言葉が」
G「Bも、どっちの味方なの!?さっきは私の方が正しいって言って、今度はLちゃんの肩持って…はっきりしてよ!!」
B「いや、私は二人の意見を聞きながらいいなと思う方に…」
G「そんなコウモリみたいな立ち位置やめてよ!!」
B「え、コウモリ…その言い方は…」
Gさんがヒートアップのあまり、Bさんに対しても言いがかりをつけてしまいます。
G「いっつもBは…」
A「…やめて!」
L「!!」
G「あ…」
B「…」
A「もう、やめてよ…。こんな言い争い…見てて…嫌だよ…。」
言い争いを見ながら、心が痛むあまり叫んでしまうAさん。
その目には大粒の涙が…。
「…」
しかし、最初の和気あいあいとした雰囲気が嘘のような、冷えた空間。
沈黙が、心に突き刺さります。
A「日を…改めましょう。このままやっても…うまくいかないよ。」
G「あ…あの…。」
B「その方がいいね。今日はここまでで…」
L「…」
A「Lちゃん、もう遅くなるから…送っていくね。」
L「あ、はい…。」
B「A、Lちゃん、次の日程は後で…」
A「うん、わかったよ。」
L「わかりました…。それじゃ、Gさん、Bさん、…また明日。」
G「あ…うん。」
部屋から立ち去るAさんとLちゃん。
G「…」
その二人を見ながら、Gさんは…
B「Gちゃん…。」
G「…」
後悔の涙を流していました。
→その3

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

物語カテゴリの最新記事