satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

目的と欲求の葛藤

目的と欲求の葛藤

こんばんは、satoです。

今週の摂理の御言葉はシンプルでした。
目的を定めて挑戦し、行ないなさい。
とてもシンプルですよね。

今年一年を振り返ると、いろいろできたこともあればできなかったこともあります。
どちらかと言えばできなかったことの方が多いわけですが…(;’∀’)
そんな私に向けて「今年一年できなかったことを最後の月である今このとき、目的を絞って集中して挑戦しよう!」と御言葉をくださいました(*‘∀‘)
私も祈りながら、今年一年の中で決心していたけどできなかった「霊肉共に目的を成す!」ってことに再挑戦していこうと思います。
核心は数学研究と御言葉を伝えること。今までできていなかったこの二つをうまくできるように挑戦したい!

と考える私なのですが。
そもそもどうしてこれができなかったのかを振り返ると…色々なことに意欲を示し、あれこれ手を出していたからなのです。もちろん、その中にはしておいた方がいいものもあるわけなのですが、私がそっちに力を注ぎすぎて本来すべきことができなくなっている、ということがしばしばありました。
どうも私は「自分のキャパシティを無視してなんでも引き受ける」癖があるのです。
人に何か言われたら何も考えず(考えられず)受け入れてしまい、後で後悔する…ということは過去も今も良くありました。こういうことはADHD傾向のある人によくあることなのです。(衝動的な行動のため、たぶん想像力の欠如も大いに関わっていると思う)
現に、今後新しいバイトと自動車学校が佳境を迎えていて、時間的にかなり厳しい…さらにやることもたくさん(;’∀’)という状況になりつつあります。
まぁ、すべきことがたくさんあるというのはいいことなのですが。こういう方がとてもやる気を出せる私でもあります。
そういう時は「すべきことの完成度」と「時間」をうまく設定しなければなりません。
今までやっていたことだとしても、うまく縮小したり知恵を使って…ってやれればいいのですが。

なんだか、切り替えられない私。

情動性の関係もあるのですが、自分がやっていることに対して思い入れがあるほど、なかなか切り替えられないようです。
そういうときって大抵、目的が変わっちゃっているんですよね…(;’∀’)
実は私結構色々な「願望」を抱えていて…元々は神様のためにしていることだったり、なんとなくやっていたことなのですが、その願望と繋がるとそっちに方向が行き、空想するまでになってしまいます。
そうやって、うまく動けなくなって結局流れてしまった機会がどれほどあったことか…;つД`)
目的と欲求がぶつかって、欲求に流れてしまった、というわけですね。

今一度、目的を正さないといけません。
再度目的を設定して、欲求があるところは振り返って。
一つ一つ反省して、核心を成し遂げるために行っていきたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事