satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

肉の苦痛より心の苦痛。

肉の苦痛より心の苦痛。

おはようございます、satoです。

今日聞いた御言葉から。

人は心が苦しくて自殺するのであって、 体がつらくて自殺するのではない。

肉で感じられる苦痛には限界があるが、 心で感じられる苦痛には限界がない。 時には、死の恐怖を超えるほどの恐ろしさに襲われることもある。

私は、肉体の苦痛を比較的感じにくい人です。かつて鼻骨骨折したときも痛みは感じなかったし、(アドレナリンが出ていたから?)

骨折した骨を戻すときも痛みを感じる前に終わってしまいました。(お医者さんを通して主が治してくださったということも)

その代わり、と言ってはなんですが、心で感じる苦痛にはかなーり敏感です。我慢することが苦手なのはこのため。

だから、私にとっては「疲れる」ことより「怒られること、失敗すること」の方がかなり怖いのです。そのため、バイトでも仕事でもかなり作業は早めに行います。

お陰で、バイトとかで長時間働くときも先に準備…を繰り返しているうちにいつのまにか水分不足になってフラフラしてる、何てこともありました。

それを見て神様が人を通して飲み物をくださることがありがたいです(>_<)

私みたいに肉体の苦痛が感じにくい人は無茶をしても気づかず、いつのまにか限界寸前なんてことも有り得ます。そこ辺りは周りの人も関心を持っていただけたらと思います…。

話を戻して、心の苦痛はやはり肉体の苦痛より大きい、というのは本当にその通りです。私にとって苦痛だったのは中学時代でしたが、そのときに一番苦痛だったことが分かってもらえなかったことでした。

自分の気持ち、主張、嫌な思いを分かってもらえずずっと耐えてきたときが本当に辛かったです。

だから、今多少肉体が辛くても分かってもらえる人がいて、私をすべてご存じの神様を知っている今が一番幸せなのです…。

本当に感謝します。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事