satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

ちゃんと考えれば、答えが出る。

ちゃんと考えれば、答えが出る。

こんばんは、satoです。

今週の御言葉は大きく分けて二つの部分に分かれます。
その一つが「考えれば答えが出る」というものです。

昨日もちらっと書きましたが、実は私、ある「皆に迷惑を掛けそうな」状況に直面してました。それがパスポートを失くしたということなのです…(´・ω・`)
これに気づいたのが10日前で、再発行にはぎりぎり間に合わない…ということで探していました。いろいろ心当たりがあるところを見つけては探したのですが、全く見当たらず…。

私は「何かを無くす」ことが本当に多いです。それも、とても重要なものを…(´・ω・`)
その原因は「ふとした瞬間に無意識に物を置いてしまう」ということでした。だから、パスポートやカギは確実に無くさないように特定のところに置いていたのです。
ところが、ある時「無意識下で」物を扱っていて、別のところに置いてしまうことがあります。それでも、重要なものは大抵把握しているのですが、把握していたところにない、となると一気にパニックに陥るのです…(´・ω・`)
本当は今日書く予定だったのですが、私は「不確定」な状況、「見通しがつかない」状況にめっぽう弱く、具体性がないと動くことすらできなくなるのです。
ASDの人が持つ「想像力の欠如」というのが当てはまる、というのが今日わかったのですが…。

こういうわけで、私が物を失くしたときにはかなりの確率で見つけることが難しいのです。ほぼ0%に近かったです。
なので、若干諦め気味でした…。が、さすがにそれは無責任と思って探してはいました。
それに、昨年もこの時期に「家の鍵」を失くしていましたが、何日も諦めずに探したところ「確かに当初私が認識していたけど、考えの外にあったところ」にあるのを見つけられたということもありました。
なので、「見つけられる可能性がある」ということもありました。それがなかったらもう諦めていました。

で、いろいろ探して今日に至るのですが全く見つかりませんでした。
もはや落とした可能性が…と思ったその時、考えに神様が働きかけました。

よくよく考えると、私はバイトの関係で一度パスポートが必要になるはずでした。
そのことはぼんやりと覚えていたのですが、そういえば「その時点で見つかっていなかったら、そこで大騒ぎしている」と気づきました。
それで、7月以降に失くした可能性が高いと分かりました。そして、その時私は確か…
そう考えながら、最初にあると思っていた「棚の上」を探しました。が、やはり見つからず。
それで、一つ一つ棚の「裏」を探してみました、が見つからず。
ふと封筒があったので、それをよけてみると…隣の棚の裏に引っかかっている、赤いものが。
…もしや、と思ってみたら私のパスポートでした(;’∀’)

奇跡、再び。

まさに、「考えれば、答えが出る」。そして「ちゃんとやってこそ、ちゃんとできる」。
御言葉通りに成された神様に感謝します(*‘∀‘)

そして、私はこれを使って…また、あの地に向かいます。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事