satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

神様に与えられた「本当の私」を、良く見せる。

神様に与えられた「本当の私」を、良く見せる。

こんばんは、satoです。

最近、髪を切りました。かなりバッサリ。
私は「短いほうがよく似合う」という話を聞いてから、私は髪を短くしています。確かに、短いほうがいい感じです。
ただ、この髪型はスタイリングをしっかりしないとかえってダサくなるということに気づき、ワックスを付けました。
そのときに、私は今まで「おしゃれをする」ことに抵抗感があったことを思い出しました。確か、高校生の時だったか。

当時の私には、好きな異性がいました。
その人に好きになってほしいからかっこ良くしなきゃ、なんて考えもありましたが。

それなら、「おしゃれをしていない私」を見て好きになってほしい。本当の私を見て欲しい。

という気持ちが強くて、おしゃれはしませんでした。

(まぁ、「他のことを考えていて外見を気に留めていなかった」なんてことの方が多かったのですが(笑))

この考えはずっと私の心の中にありました。だからか、普段(礼拝以外では)ワックスを付けるなどはあまりしません。
働くバイトでも大抵ワックスを付けないほうがいいか、つけても意味のない工場バイトかで付ける必要がなかった、ということもありますが、根本的には「何のためにするのか分からない」から、面倒くさかったのだと思います。

しかし、今日ワックスをつけながら

あ、この私は「神様によって与えられた、本当の私」なんだ。
本当の私をちゃんと見せないと。

という思いが浮かんできました。ちょうど

あなたに似合う色は何色?パーソナルカラーで自分診断-摂理の彩り~宗教と芸術のカルトゥージア~

でも、「神様に与えられた本当の自分をよく見せるため」にこういう診断がある、という話をしていたところでした。
ちなみに私もパーソナルカラー診断してみたのですが、私は「Autumn」に近いはずなのに、診断結果が何故か「winter」でした。色白でないのですがね…。

先週、「自分が生まれた目的と価値を悟った」辺りから、自分に対する嫌悪感がだいぶなくなっていました。
それまでは「自分はダサいほうがお似合いだ」というネガティブな考えを持っていました。また、「人にかっこいいと言われたら意識してしまう…」という気持ちも若干ありました。が、今はそれより神様に与えられた本当の自分を、しっかり良く見せることが神様に恩返しを出来ることだという気持ちが強いです。

たとえ、人にどう思われてもいい。人がよく見てくれても、悪く言われても。
これが本当の私なのだから、ただ神様だけを見よう。

この考えも、私が摂理に来てぶつかった壁に由来する「自己嫌悪の病」が、少しずつなくなっている証拠だと信じます。

そういうわけで、自分の変化をまた一つ見つけた私。喜び勇んでスタイリングをしたのですが…どう見てもダサい。
私の髪質は直毛で普通のワックスでは立たないんですよね…。
教会に行っても「(・∀・)イイネ!!」という反応より、「(・∀・)…」という温かな目で見る反応がほとんどでした。ある方には「パイナップルになってる」という率直な反応をいただきました。
確かに2ブロックのベリーショートヘアなので、横を抑えないとパイナップルなんですよね。真実を教えてくださり感謝します(笑)

そこで、そこにいたオシャレ度高めの摂理男子にスタイリングの手ほどきをしていただきました。すると…なんとオシャレな髪型に!これが神様の構想か…。
神様が「これが本当のあなただ」と教えてくださり、ついでにスタイリングの方法も教えてくださったことに感謝します。

「自分のおしゃれレベル」に合わせた髪型にすることも大事です。が、今年は「教育と次元」の年。
髪型も、ワックスの付け方も、天の教育を受けられることに感謝します(笑)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事