BLOG

「向き合う」って楽しいな。

こんばんは、satoです。

現在、御言葉と向き合い中です。
御言葉と向き合う、というのは「御言葉を本当に理解しているのか」とか「どうして自分が今の状態なのか」ということを祈りながら考える作業です。
これが結構大変だけど、楽しいです。
何故なら、「自分が知らなかったところ」とか「自分がつまずいていた原因」、あるいは「自分が無意識下で避けていたところ」が見えてくるからです。
これって「自分の現在を知る」という意味でとても大切なことなのです。

一つ一つと向き合わないといけないから大変なところもあります。
特に「自分が無意識下で避けていたこと」というのは、大抵嫌なことだったり思い出すとつらいことだったりするので、結構心の力を使います。
時には答えが出ないこともあります。
それでも、そういったこと一つ一つを神様に丁寧に告げていくと、段々と良い方向に向かいます。
そして、自分の心の現在を知ることで、個々の問題が少しずつ解けていきます。

御言葉と向き合うことと自分と向き合うことはほぼ同じです。
御言葉という一つの物差しを使って、自分を見つめなおす。そういう試みなのです。
御言葉を理解しているのか、ありのままの自分を出すということは「人目を気にする」傾向にある私にとっては良いことなのです。

初めてこれを行なった時は摂理に来て一番壁にぶつかった時でしたね。
どうして自分がこういう考えをするのか、どうして自分がこういう気持ちになるのか、どうして御言葉ではそういうのか…
そんなことを祈りながら、考えながら、必死に答えを探していました。

私は特にそうですが、座って祈るだけだと言葉がうまく出てこないことがあります。
元々言葉に出来ていない感情を一つ一つ言葉にするから、無理にすると違和感を感じることが多いです。
そんな時、私は体を動かしながら神様と対話しています。最も、これは祈りでしっかり疎通できている時限定ですが…そうでないと雑念によって思考が飛んでいってしまいます…。
今日は、問いかけに対して言葉にならないものがあったので、自転車で遠くまで行っていました。一体、何キロ走ったかな…(´・ω・`)
割と雑念も多かったですが(´・ω・`)体もほぐれ、心でもうまく整理できていたりするので、とても良かったです。

あと、最近は明け方の祈りも頑張っています。
人を通して、御言葉の振り返り方法を学びました。これを使って、もっと対話を深くしていきたいです。
今まで自分が理解できなかった御言葉もだいぶ理解できました。

「対話がなければ一緒に暮らせない」という摂理の御言葉を本当に実感します。
自分の心と対話して、神様とも対話して、もっと楽しい摂理での信仰生活を過ごしていきたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

関連記事一覧