BLOG

摂理に来てやめたい、けれどやめられなかった○○を断つぞ!

こんばんは、satoです。
摂理に来ると、多くのことを切ります。
神様を優先にし、神様の御言葉を聞いて実践するために、自ら考えて切るのです。
そこに強制はありません。というより、強制されてやめたことは「本当に切った」とは言えないのです。
だって、自分が納得してないのに切っているから、心の中では「やりたかったのに…」と未練タラタラで考えではずっと残っているからです。
今朝の鄭明析先生の明け方の箴言にもこうあります。
20150109-1~2_Ja.jpg
<義>も<罪>も「考え」から始まる。
<義>と<罪>を行なうことも「考え」から始まる。

(摂理公式サイトマンデーから。)
つまり、考えに残っていることはいつか心が弱くなったときに行うことになる、ということです。
だから、心から納得して切ってはじめて「完全に切った」ということができます。
ところで、私は摂理に来て以降もなかなか切れなかったものがあります。
摂理でやめなさい、と言われている「お酒、タバコ」。
これはそんなに苦なく切れました。といっても、言われてすぐに切れたわけではありませんが。
タバコは煙たいのでもともと吸っていないし、お酒も友達の飲み会で付き合い程度で飲むくらいだったため、(周りにお酒を強要する人もいなかった、という祝福もあって)しばらくしたら自然と切れていました。
また、健康のために「炭酸は控えよ」という摂理の御言葉もありますが、これももともと炭酸が苦手だったので…切ったというより、もともと切っていました。
そんな私がなかなか切れなかったもの…それはメディア文化です。
私は小さい頃からずっとテレビの電源が常時ついていて、あちこちにマンガが散乱していた環境で育ってきました。それ故か、メディアを見ること、メディアの文化が楽しいと思っていたのです。
だから、摂理に来てまもなくマンガやゲームは控えるようにしたのですが、その実「内容に対する興味」は切れるどころか増す一方。しばしばネットでネタバレを見たり、wikipediaを見たりして内容を把握していました。ただ、問題はそれにばかり没頭して2-3時間は平気で潰してしまうOTLというところ。
これはネット文化も同様。大学に入ってから「ニコニコ動画」を観るようになって、それがたまの息抜きに10分程度…とかならまだしも「生活のメインがニコ動鑑賞」という中毒っぷり。今でも何もしていない時は「何か面白いことがないかな…」とネットでネタを探すという癖が…OTL
さらに、何もしていないときに脳内で自作マンガ・アニメを見ているという癖もついて…。
全部悪いとは言い切れませんが、信仰面でも生活面でもこれによって大きく制限されることがあまりにも多く、あとが大変になるのです…OTL
小さいころから見てきたメディア文化。
それに脳があまりにも慣れていて、それが楽しいと思うように感じているのです。しかも今週のように肉体が思うように動かないときは一層。
しかし!
これではイカン!
私自身も実感しているように、摂理は「行う」ことで楽しみを得る世界。摂理に限らず、すべてのことは「観る」だけより「行う」ことで喜びを得られるのです!私自身実感があるので、そうしたいとは願うのですが…メディアを観ることに慣れていて動くことを苦痛に思うばかりか、苦痛を回避するために勝手に「空想」をする私の脳。
この体質を治さねば。
私に未来はない!
…と思い、ひとまず「ネット断食」を再び敢行しようと思います。
もちろんただネット断食しても意味ないので、その時間を聖書を読んだり、ブログ書いたりして「行う喜び」を得ることにより脳の体質を変化させていきます!
今度こそ!脳内を「メディア」文化から摂理文化に上書きするぞ!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

関連記事一覧