satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

「少しずつ漸進的に」成される神様のしるし

「少しずつ漸進的に」成される神様のしるし

こんばんは、satoです。

ここ最近、私の周りでちょっとネガティブな言葉が見られました。
ツイッターなどのネットを見ていると元々ネガティブな思考になりがちなのですが、最近政治や様々な事件に関して否定的な言葉、人の悪評がちらほら見えてそれに影響されて心が苦しくなっていました。

人のことを悪く言いたいから、というわけでなく「不安」とか「心配」から来るものだ、ということは理解しているつもりですが、どうしても「それを解決してあげられない」という自分の足りなさを痛感しました。
「世の中の言葉」を聞いて、御言葉の力に正直疑問を持ってしまいました。「本当に御言葉で解決できるのだろうか」という考えがよぎりました。

そんな自分を見て「自分は本当に御言葉を悟れていない」と痛切に悟り、本当に御言葉の威力を悟らせてくださいと切実に祈りました。
また、ちょうどあることを通して「自分が話そうとしてばかりで、尋ねる姿勢がなかった」ことを反省し、神様に尋ねながら対話をしていました。そうしたら心が少しずつ安定してきました。

礼拝で賛美を歌いながら本当に涙がこぼれ、霊魂から出るような賛美が出てきました。
こんな風に賛美をうたったのは本当に久しぶりでした。

そうして迎えた礼拝の御言葉。
御言葉一つ一つが衝撃的でした。

神様は生活の中で少しずつ漸進的にしるしを行なわれる。

世の中のどこを探してもここまで神様の働きをつぶさに語られる御言葉は聞けませんでした。
しかも、それは私が見てきた「不安」や「心配」に対する明確な答えでもありました。

人々は急激に変化することを願い、またそのような変化があったときに「神様が働かれた」と考えます。
しかし、神様は生活の中で「毎日少しずつ」共になさって、自分を通して、人を通して働きを成します。そうやって時間をかけて成されたことに対しては…それがどんなに大きいことだとしても「神様の働き」とは思わず「自分がしたこと」、あるいは「時間が経ってなされたこと」と考えます。

確かに、今の世の中を見ると不安なことは多いです。
しかし、大丈夫。すでに神様は「大きなしるし」を起こすために毎日、少しずつ、漸進的に私を、人を通して成してくださっています。
だから、心配せず、不安に思うことなく、「自分を通して働かれる神様」の働きを成せばいいのです。

私自身も、一気に変化したわけではありません。
毎日御言葉を聞いて、毎日少しずつ行って、時間をかけて変化していったのです。
時には自分の認識の変わらなさにイライラが募ることもありますが、それも大丈夫。「少しずつ、確実に」変化させていけばいいのです。

本当に、この御言葉を聞いてとても安心しました。それと同時に、本当にこの御言葉がとてつもない威力を持っていることを体感しました。終始圧倒されっぱなしでした…。まるで、脳内をバットで叩かれたかのような衝撃が連続しました…(笑)

神様は毎日、愛する人のところに共にして行われる。
私が変化して、もっと次元を上げるために。
そして、この世界に平和の歴史、地上天国を成すために。

そのことを日々確信しながら、明日からも頑張って生きていこうと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事