satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

過去の感情と、現在を見て…。

過去の感情と、現在を見て…。

こんばんは、satoです。

今日、色々あって御言葉で自分の過去を衝撃的に気付かされたことがありました。
それは…自分が小学校、中学校のときに持っていた感情に縛られていて、自分がすべきことから目を逸らしていたということです。

小学校の時、ずっと「学校を休みたい」と思っていました。
自分がすべきものを忘れていて、先生に怒られるのが怖くて。
友達とうまくいかなくて。
ひたすら、学校に行きたくありませんでした。

でも、私は「37℃以上の熱がないと休めない」と思っていたし、親もそういう認識だったので、風邪を引かない限りはずっと学校に行っていました。

中学校の時、一人でいたいと思っていました。
周りの人と合わせなければならないのが、とても苦痛で。
でも、少しでも違うとなじられるから、合わせなければならなくて。
だから、一人でいたいと思っていました。

だから、ずっと私は「自分が休む理由」を探していました。
何かの病気、何かの怪我、何かの事情…なんでも良いから、とにかく「休みたかった」のです。

また、「怒られること」を避けていました。
怒られることが、嫌われることと重なっていたから。だから、とにかく「怒られないこと」ばかりを望んでいました。

そして、「一人でいること」を求めました。
誰かと接したいという気持ちもありましたが、それ以上に「合わせる」ことに疲れていたのです。

その感情が、今でも、私を縛っていました。
私の行動の一つ一つに、それが隠れていたのです。

神様を愛そうとしても、ちょっと距離を取ってしまう。熱心な姿を見ると、ほんの僅かに引いてしまう。
それは「ずっといると神様に『合わせなければならない』から」という感情から。

学校のことでなにか辛いことがあると、上手く行かないことがあると、逃げ出してしまう。
それは「辛いことから逃げ出したい」という過去の感情から。

自分に非がある、ということ、たとえば勉強していないとか…そういうことがあると、自分の中に「言い訳」を作ってしまう。
それは「本当のことを話して『怒られる・否定される』ことを恐れていた」から。

そうして、私は「自分のすべきことができていない」事実から目を逸らしていたのです。

でも、それが…「自分の成長する機会」を奪っていました。そのことを、とても痛感しました。
できていないところ、足りないところを指摘されるのは、嫌うためでも、攻撃するためでもなく、殆どの場合は「出来るようにするため」でした。
辛いことはあっても、大変なことはあっても、それを通して「自分が磨かれ、成長する」機会になりました。
神様がずっとそばに居て欲しいのは、ただ「愛してほしい」という思いであって、ただ心を委ねてほしい、信頼してほしい、という思いからでした。

それをすべて、私の感情が「阻害」していたのです。
感情に囚われていて、私は成長の機会を多く逃していたのでした。

…しかし…

確かに、多くの成長の機会を逃しました。
しかし、それでも、私は感謝だ、と告白したいです。

私は、「自分が休む理由」を探して、「出来ない言い訳」を探していました。
それに加えて、自分がそもそもこれらを探す理由である「忘れ物が多い」「集中力が切れる」「やる気がでない」原因を探していました。
ちょっとネガティブな要素もありますが、この結果私は「自分が発達障害の傾向にある」ということを突き止めました。
最初は「出来ない言い訳」に使われていたところもありましたが、少しずつ自分の「特性」に気づき、それを活かせるようになりました。

摂理に来て、「心の問題」にぶつかった時、正直それを言い訳にして「自分がすべきこと」から逃げていたところもありました。
やり方としては非常に良くないですが、しかし、自分の心と向き合いながら本当に心に残っている「自分の過去の感情」と向き合い、一つ一つ解いていきました。
そして、それが神様との愛の経緯になりました。

また、自分の足りなさ・失敗にぶつかった時、自分が怒られることに対する恐怖と「自分がどうしようもない存在である」という感覚に陥るまでになりました。しかし、それを一つ一つ御言葉で、感動で、祈りで乗り越えることで、段々と「失敗しても大丈夫」という感覚、そして「自分は出来る」という感覚が芽生えてきました。
そうしていく中で、「言い訳すること」より「失敗を繰り返さないで、ちゃんと行なうこと」の方にもっと心が行くようになりました。

そして、今。
自分が逃げていた「すべきこと」と向き合えるようになりました。
勉強すること、信仰生活の様々な面でこれまでできていなかった/しなかったこと…様々に。
そして、少しずつ、でも確実に行えている、ということもまた事実です。

時間は掛かったかもしれない。遅れていることは確実。
それでも、やっと私は「逃げること」から抜けだして、前に進み始めている。
もちろん、怒られることへの恐怖が出る時だってあるけれど、それよりももっと出る感情がある。
それは、「やってみよう!」という気持ち。

そういう自分の成長も認め、これから先を熱心に走って行きたいです。
今までの時間の分も越えるくらいに。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事