satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

料理を通して悟った「罪と悔い改め」

料理を通して悟った「罪と悔い改め」

日々の生活の中に、御言葉と神様のメッセージが、隠れてる。

 

こんばんは、satoです。

 

今日、一緒に暮らしている摂理の兄弟たちと一緒に料理をしました。

あったのはじゃがいもと玉ねぎ。なので、カムジャジョンを作りました。

カムジャジョンとは何か、というと。

ジョンとチヂミ〜知らなければ損をする〜

@摂理ブログ 鄭明析先生と共に

こちらの記事に掲載されていますが、じゃがいもと小麦粉で作った韓国風お好み焼きです。

料理の中で起きたこと

さて、じゃがいもをすりつぶしてもらいつつ、私は玉ねぎをみじん切りにしようと包丁を手に取り、真っ二つにしました。ところが…

見ると、一部が変色していました。

「あ…腐ってる。確か、この玉ねぎかなり前のだったなぁ…」

存在の法を外れたら、腐る。

保存の状態が悪かったのでしょう。確かに腐っていました。

それで、私はその玉ねぎをすべて捨てようとしました。ところが

「腐っている部分だけを捨てて使ったらいいんじゃないですか?」

と一緒に作っている人が言いました。

確かに、摂理の御言葉でも

直ちに!腐った部分を捨てるか、腐っているものを捨てなければならない

と書いていました。

というわけで、腐った部分を捨ててみたら、残っている部分は確かに使えました。

このように、私の心や行いでも『存在の法』を越えて行なったことは直ちに止めるか、切ってこそ残った部分を使えるんだなということを悟りました。

摂理での信仰生活の醍醐味

このように、摂理で伝えられる御言葉はただ壇上で聞くだけのものではありません。

むしろ生活の中で多く御言葉を聞くのです。日々の生活の中で、発見するのです。

生活の中でもっと神様を意識して、神様と出会うから摂理の信仰生活は楽しいのです!

 

というわけで、一緒に作ったカムジャジョンがこちら↓

カムジャジョン
カムジャジョン

片栗粉を入れたからか、とてもサクサクモチモチで美味しかったです(≧∇≦)/

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事