satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理とわらびもち。

摂理とわらびもち。

こんばんは、satoです。
今日は色々やってましたが、ある人と話してるうちに、気が付いたら聖書の話をしていました。つまり、御言葉を伝えているわけです。
あとで振り返ると「あれ、もっと話しておけば…」とか「もう少し深く突っ込み…」とか「否定的な評価」をしていました。これではいかん!と思って、神様に尋ねました。
「神様、今日の私の証、何点ですか!?」と。
そしたら、感動が来たのですが「責める」というよりは「よくやった」という感じでした。
で、そのあと家庭教師のバイトに行ったのですが、そこで…わらびもちをたくさんご馳走になりました。私としては「どうして、こんなに…いいのかな?」と考えていたのですが。
あとでこの話を振り返ると「今日の私の証に対するねぎらい」だったということがわかりました。
正直自分の中では至らないところがあったのですが、それでも「私を証してくれたのか!」とお喜びになり、こんなねぎらいをしてくださる神様。
こんな神様だから、私は好きなのです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事