satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

目標を定めるのが苦手な私と神様の対話

目標を定めるのが苦手な私と神様の対話

おはようございます、satoです。

本日は御言葉を受けて困っていた私と神様との対話を残しておきます。

「愛する神様、御言葉をくださり感謝します。ところで、私は目標を立てるのが苦手です…毎日目標なしに生きるからこの御言葉のように毎時間フラフラした生を生きます…(>_<)どうしたらいいでしょうか?」

神様「まずあなたの状態を点検しなさい」

「あ、前に書いた話ですね。自分の状態を分かってこそ御言葉を通して何をしたらいいのか分かる。しかし、私が今日一日何をしたらいいのか漠然としているのです…」

神様「考えの次元を上げなさい。あなたの人生の目的は何か?」

「『神様を心から愛する』ことです」

神様「私を愛するというのは、どういうことか」

「『御言葉を守り行うこと』です…そんな賛美がありますよね」

「自分に話した主の御言葉」を守らない人は 主を知らない人であり、主を信じない人だ。

「今朝聞いた御言葉『<人生の霊と肉の運命>を一番大きく左右する真理: 1次-神様が遣わしたメシヤを信じるのか、信じないのか 2次-どれぐらい、遣わされた人を通した御言葉どおりに自分をつくるのか 』にもこう話されていました」

神様「あなたが目標としていることは何か?」

「色々あります。博士号を取ること、職を見つけること…しかし、これをするために何をして、何を終わらせればいいのかが分かりません…」

神様「あなたがどうして分かるだろうか。将来を一番知るのは私ではないか」

「アーメンです」

神様「あなたが何をするのか決めようとするから目標が定まらないのだ。ただ、『御言葉を実現すること』を目標としなさい」

「…」

(なるほど、確かに御言葉通りにすると自然と自分の成すべきことができるなぁ…)

神様「あなたの状況を見て、私が答えを与えている。だから、御言葉通りにすれば問題が解決する」

あなたの運命を聖三位と主に極的に掛けておきなさい! あなたの信仰どおりになるだろう! あなたの愛どおりに必ずできるだろう! これはすなわち、「<あなたの行い>どおりになるだろう! 」という意味だ!

「まさに、今日の御言葉通り、ですね…。分かりました。毎日の御言葉を目標にしてみます!感謝します!」

ヨハネによる福音書3章16節と マタイによる福音書22章36~40節の歴史を日々成しながら <天主の御心>を大きく成すことを祝福する!

神様「『今日はブログの記事が思い付かない』ってずっと言っていたが、これで一つ記事ができたではないか」

「確かに…すごいです!ハレルヤ!」


「はぁ…今日はバイトうまく行きませんでした。分からないところがたくさんあって、それを全部教えようとしたら、他のところができず…。

あぁ、そうか。これも目標ですね。一つだけ目標を定めてちゃんと進めれば…御言葉通りやん…せっかく対話したのに…(>_<)」

神様「…」

「神様…申し訳ありません…せっかく御言葉で答えを教えてもらってたのにすっぽ抜けてしまいました…」

神様「諦めるな。繰り返し御言葉を実現することを意識しなさい。最初はできなくても後にはできるようになる。最後までだ!」

「…アーメン(;_;)明日も明け方から頑張ります!」

 

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事