satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人と笑いの天使(笑)

摂理人と笑いの天使(笑)

さて、ちょっと重かった記事が続いたので、少し面白い、けど愛情たっぷりのエピソードを一つ。
突然ですが…私は普段教会内で「笑いの天使がついている…」とよく言われます(笑)
どういうことか、というと。
例えば、私がなにかしゃべるといつも(笑)が起こる。話し方が不思議なのか、独特なのか、はたまたマイペースなのか…ジェスチャーが不思議なのか…。言い間違いが多いのは事実。だけど…そこまで面白いのかな?
あと、私はいく先々でトラブルを起こしやすい。
例えば財布や携帯を忘れることはしばしば。落として何回も警察にお世話になることも(笑)…いや、笑えない。
さらには色々慣れていなくて失敗することもよくあるが…その度になぜか笑いが起こるのだ。
あと、タイミングが合わないことも。あまりに多すぎて「satoが来たからそろそろ終わるだろう…」とか言われる(笑)実際私が来たら終わってしまった…(笑)
こんな感じで周りを笑わせて(周りに笑われて?)いる私だが、根っこは「暗ーい」人間だ。昔から不安とか悲観的だったり。何か指摘されると「もうダメだ…」そんな感じだった。
ここ最近も「摂理と悪評」を書いている途中だったために、否定的な感情が消えなかった。昔からの劣等感。最近は少しずつ前向きになれたのだが、なかなかネガティブな考えが消えない。
そんな思いを抱えたまま、用事のため学校の事務室に行った。
すぐに用事を済ませて事務員さんを待っている間、ふとカレンダーが目についた。いつも見ていたカレンダー。月日がとても斬新なデザインになっててこんなの売ってるんだ…といつも思っていた。
しかし、今日カレンダー上の方を見てあることに気づいた。
なんと…これ、ここの手作りではないか!?
そのことを戻ってきた事務員さんに話したところ、部屋中大爆笑。
なんでもこういうのを作るのが得意な人がいるだとか。
「うまいでしょ?」との声。いや、ホント販売されてると思ってました(笑)
「落ち込んでいる時には、このカレンダーを見たらいいよ」
その声が私には神様、あるいは聖霊様の言葉だと感じた。
…いや~、そう来ましたか!(笑)
お陰で今まであった不安とかネガティブな考えが吹き飛びましたよ(笑)感謝します(笑)
こんな感じで、私の日々には笑いの天使がついているようだ。
たぶん、私の守護天使は笑わせるのが得意なのだろうか?
そう言えば、私が摂理に来る前から気分が塞がって「キレそう」な時に、友達とかと話してて「大爆笑」するときがあった。ホント何でもないようなことなのだが、その時に限ってはツボに嵌まって…笑いが止まらないのだ。いや、ホント。
私はどうも気が塞ぎがちで、いつも「失敗した…」とか「なんか素直になれない…」とかいう考えに陥ってしまう。そんな私だから、叱るのではなく、誉めるのでもなく、「笑わせる」ことで神様は私を助けてくださっているのだ、と思う。
もしかしたら…私がみんなを笑わせているから、神様が私を笑わせてくださっているのかも?(・ε・`*)
皆さんにも笑いの天使が来ますように!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事