satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

新しくするととても楽しいです

新しくするととても楽しいです

おはようございます、satoです。

最近、私がやったマイナビの自己診断テスト。
以前も書いた気がしますが、この診断テスト、今までやったどの診断よりも的確に私の特徴を表現していたのです。
具体的には、「創造的思考力に優れ、具体的なものより想像の源であるコンセプトやイメージに関心を持つ」とか「好奇心が旺盛で常に新しい知的刺激を求める」とか「何にでも対応できるけど、ルーチンワークは好きでない」とか、「心配症で、失敗することを恐れがちだが、その分危険察知に優れ大きなミスをしない」とか。

確かに、これまでの自分の人生を見てみるとこの言葉が当てはまるのです。
具体的には、より抽象的で想像を掻き立てるような作品が好きで、その作品について色々な考察をして楽しんでいたり、数学でも具体的な論理展開を言われても理解できない、というかあまり興味を示せないけど「そもそもその数式がどういう意味なのか」というところに強い興味を示したり。
そういう「創造的な作業」がとても好きで、楽しいです。

反面、ルーチンワークは苦手です。
色々なことをするのですが、自動的な単純作業を継続するのはとても苦手、というかモチベーションが低下しがちです。対策として常に新しい刺激を用意するか、色々作り出すような作業にするか、あるいは別のことを考えるかするか…。
逆に新しいものを手に入れることはとても好きで、新しい発見をしたり新しいものを買うとテンションが上がります。

さて、なんでこんな話をしたのかといいますと…。

NEWパソコンです

こんなものが手に入ったからです(*^^*)
そう、新しいパソコンです。
なぜこの時期に購入したのか、といいますと…。
以前書いたことがありますが、私が使っていた前のパソコンが壊れてしまっていたのです。具体的には…

半分が完全に見えません…

このように、画面の半分が見えなくなってしまったのです(^_^;)
どうも液晶の内側に問題が起きたようなのですが、具体的な原因は未だにわかっていません。
その上、

みんなが恐れる起動時のあ
の文字列…

OS自体もクラッシュしたみたいで…。・゚・(ノД`)・゚・。半分が見えていないので解読もできず。
このパソコンは中古屋で買ったので保証も効かず…。
もう、どうしようもないという状態になってしまいました。

それでも、ディスプレイを繋げたりLinuxをDVDに焼いて起動させたりでなんとか使っていたのですが、やはり色々不便なところがあり…
「今度買うときは、ちゃんと新しいものを買おう」
と決心して色々探したのです。そうしたら、なんと最新世代のCore i5で、CPU4GB、HDD1TB、とかなりいいスペックのパソコンが比較的安く買えるのを発見しました。送料無料で6万円未満。これはさすがに買うしかない、と思って思い切って買いました。本当に感謝~ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

そうして届いたのが最初に出てきたパソコンなのです。現在もそのパソコンでこの記事を書いていますが、やはり時間がかからないで文字が打てるのが気持ちいいですね。キータッチはちょっと軽めで、音を吸い込む感じ。これはこれでいい感触…(キータッチとキータッチ音がかなり好きで、いつも気になる人)

こうやって新しいものに変えると嬉しいように、私の心も日々日々新しくして、神様の前に進み出たいと思います。

 

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事