satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と新しい春…。~3/4明け方の箴言から~

摂理と新しい春…。~3/4明け方の箴言から~


3月。
全国で大雪が降るくらい厳しかった冬も終わり、暖かい春になっていく。
新たな旅立ち、そして別れの時。
今年は私の教会でも多くの人が新たな旅立ちをする。今まで私たちを陰に日向に支えてきていた人たちの旅立ち。
不安がないわけではない。これからどうなるだろうか、そう思う気持ちもある。
でも、それ以上に、この旅立ちはそれぞれが「次の次元」に行くためのものなのだ。だから、寂しくはない。
季節が変わり、過ごしやすくなる。しかし、それが幸せだろうか?
本当に幸せなのは「私たちがすべきことがある」ということ。退屈な人生は、苦痛だ。
だから、私たちは願い求めなければならない。祈りで、今私たちがすべきことを探すんだ。
次の次元に行くために、私たちがすべきことを…。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事