satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

数学専門の研究所『九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所』に迫る!

数学専門の研究所『九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所』に迫る!

100年先の世界は、果たしてどんな問題があるだろうか?

こんばんは、satoです。

数学科巡り、今日は九州大学
と言いたいところですが、今回は『大学の数学科巡り』はちょっとお休みして…。

九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所HP

九州大学は九州大学でも…『九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所』について調べてみました!!

日本でも珍しい数学専門の研究所

この九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(今後は省略して九大MI研もしくはMI研とします)とは数学専門の研究所です。実は日本の中で「数学を研究できる研究所」というのは少なく、数学を専門とするのはここの他には京都大学数理科学研究所、通称数理研だけ(のはず)です。

京都大の数理研は純粋数学、より数学そのものを研究する傾向にあるのに比べて、こちらの九大MI研は産業数学研究の共同研究拠点です。
…ところで、産業数学とはどんなものなのでしょうか?

産業の問題を解決する数学

マス・フォア・インダストリ(Mathematics for Industry,MI)とは,純粋・応用数学を流動性・汎用性をもつ形に融合再編しつつ産業界からの要請に応えようとすることで生まれる,未来技術の創出基盤となる数学の新研究領域です.-九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所HPより

ポイントは産業界からの要請に応えようとすることです。
実は昨今数学が産業界から注目されています。各産業が抱える問題をビッグデータや数学の理論を用いて解決する、ということが期待されているようです。昨年、機会があって産業側の方からそのような話をお伺いしました。

たとえば、ネットから集められた情報によって、今後の顧客需要がどうなるのか予測する際に『統計数学』を用いて計算するとか。実は純粋数学の中でも統計学と関連して発展した分野があるくらい、統計学と数学も関連しています。その間をつなぐのが「コンピュータ」です。
あと、よくあるのが『暗号理論』や『符号理論』といった分野。こちらはネットのセキュリティに関わるとても大切な分野なのですが、この中にも純粋数学で発展した理論が用いられています。

話を九大MI研に戻すと、この研究所は様々に特徴があって。
産業側の要請に応える、という応用を重視した研究所ですが、純粋数学の研究者も所属しているということがその一つ。
これは

数学はいつどこで応用されるか予測できず,しばしば基礎研究は爆発的な応用力を内包しています.欧米で盛んな応用解析だけでなく,統計学,代数学や幾何学など,広く多様な研究者を確保することが重要–九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所HPより

とあるように、純粋数学の研究結果が思わぬ形で応用されることがあるからです。実際、先ほどの暗号理論、符号理論、統計学の中には純粋数学の結果が色々使われています。結果自体は100年前のものもあります。つまり、数学について知るための研究が100年後、社会に役立つということだってありえるのです!

昨今摂理の御言葉で速く行ないなさいとありました。
これの意味は神様の考えを受け、今でなく10年先、20年先にすることをやりなさい。そうすれば10年、20年速く行なったことになるということです。まさにこの御言葉を具現化していますね。

所属している研究者の中には、こんな方も。

若山正人教授のプロフィール

若山正人教授は『ゼータ関数』に関連する研究で著名な方。東工大の黒川教授とともに様々な本や論文を書いています。『ゼータ関数』とはミレニアム問題の中でもっとも一般の方にも知られている(と私は思っている)『リーマン予想』や、同じくミレニアム問題の一つである『バーチ・スイナートン・ダイヤー(BSD)予想』など、多くの未解決問題が存在する数学の研究分野。マニアも多い分野です(笑)
ちなみに、かのフェルマーの最終定理の解決のために証明された『谷山-志村予想』(現在は『モジュラー性定理』と呼ばれています)もゼータ関数の問題です。

ちなみに、この方はなんと九州大学の副学長です!北大は総長が数学科の教授ですが、これにはなにか流れがあるのでしょうか…?

20150613鄭明析先生の明け方の箴言-摂理☆祝福の方程式
<肉的に知ること>はあまりにも一般的だ。 これは人間のIQ100~150の考えで悟るからだ。 <霊的に悟ること>はその次元がとても高い。 霊がその実相を見て悟るからだ。 鄭明析牧師の明け方の御言葉より@ Mannam & Daehwa

肉的に知る、つまり「現在だけを見る」考えでは、この複雑な研究分野がどこに使われるのかわかりません。だから、「どうしてこんな研究をするのか?」という人も出てくると思います。
しかし、霊的に悟る…つまり、永遠な方の視点で、将来を見通して考えるなら、100年先、1000年先を見て考えるなら。
『純粋数学の研究意義』も見えるでしょう。
100年後、1000年後には、今と同じなはずがありませんから。

社会のニーズに応えるために、設置された「九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所」。
実はアジアで初の「産業技術に関わる数学研究の拠点」でもあります。ということは、たくさんの国際交流もあるんでしょうね…。英語、ちゃんと勉強しようと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

数学カテゴリの最新記事