BLOG

【摂理人が書く物語】過去の残像を振り切るっ!その4

その3
C「みんな…」
Cさんがみんなを集めようとした、その時。
「主よ~~!!」
G「!?」
L「うわぁ!?」
隣のコートから主を呼ぶ大きな声が。
見ると、Mさんの強烈スパイクをFくんがレシーブするところでした。
バシッ!
G「あ、取った!ちゃんとセッターにきれいに上がってる!」
D「っし!」
バシィッ!
ピピー!
F「わぁ~!取れた取れた!感謝します~!」
D「すげーぞ、F!あのMさんのスパイクをレシーブするなんて…やるじゃん!」
F「Dくんも、感謝します~!」
B「すごい…F、あのスパイクをレシーブした。」
O「しかも、今のかなり速かったよね!?」
K「Fくんも、成長したわねぇ。」
N「…すごいです…。」
隣で見ていた女性陣もしばしFくんのレシーブに感嘆しています。
C「みんな…主を呼ぼう!
G、L「えっ?」
Fくんの活躍を見ていたCさんはみんなに「主を呼ぶこと」を伝えました。
C「私たちのバレーはただ試合に勝てばいい訳じゃない。神様に栄光を帰すこと、私たちが変化すること。それが私たちのバレーの目的だ!」
G、L「あ…。」
その言葉を聞いて、Gさんは思い出しました。
G「(そうだった!
私は生活の中で精神一到できるようにするためにここに来てるんだっ!試合に勝つとか、バレーをうまくするとか…それは目的じゃなかった!)」
このバレーに来た目的を。
L「(そっか…神様を呼んだら、あんな風にできるんだ!よーし、わたしも…)」
一方、Lちゃんも神様にもっと近づこうと心を新たにします。
C「よし、行くぞ!せーの!」
「主を呼ぶぞ、オー!」
みんなで掛け声をして、試合再開。
G「(そうだ…。
私は、別にバレー選手じゃない。
健康のために運動するんじゃない。
私が体を動かしたい、それはあるけど…。)」
相手のサービスを待つ間、一人Gさんは考えます。
G「今は…じっせ」
C「来るよ!」
G「あ、はい!」
B「えいっ!」
BさんのサーブがGさんの方に向かいます。
G「よいしょ!」
「L!」
L「はい!」
Gさんがセッターへレシーブ、トスがLちゃんに上がります!
G「(準備…!
いつ、どこにボールが来てもいいように…Bを見る!)」
L「1、2…主よ!!」
今までよりピッタリタイミングが合ったLちゃんのスパイクは…
B「…!」
しかし、Bさんのブロックに阻まれます。
ボールは前の方へ…!
G「来た!」
そこに、ちょうどGさんが!
G「はいっ!」
「L、もっかい!」
L「はいっ!1、2…」
Lちゃんにもう一度トスが上がります。それを打とうとするLちゃんに
L「(…!
こっちに打ったらいい気がする!)」
直感が来ます!それに合わせるように、少し体を開くLちゃん。
L「主よ!!」
B「…あっ!」
クロス側に打ったLちゃんのスパイクは、Bさんのブロックで、相手側のネット際に!
「…!」
ピピー!
ネット際に落ちたボールを相手は取れません!
L「やった!」
G「Lちゃん!」
二人は嬉しさのあまりハイタッチ!
G「すごい!
今、ちょっと体開いて、コース変えたよね?」
L「こっちに打ったらいい、って直感が来たんです!!」
C「主の助け、だね。」
L「えっ?」
C「Lちゃんが主を呼んだから、主が直感を与えて助けてくださったんだ。
L「…!すごーい!!主が助けてくださったんだ!」
そういって感激するLちゃん。
C「Gも、よく反応したよ!」
G「はい!いつ来てもいいように、何回も考えていたんです。そしたら、自然とBの手元を見るようになって…」
そういって、Gさんは気づきます。
G「あっ…。
そっか、Oさんが言ってたのはこの事か…!
「目標を持って考えを一つにする…!」」
そう、これがOさんの話していた「精神一到する方法」です。
G「よし、この感覚をもっとつかんで…!」
Gさんももっと集中します。
G「(そういえば…Lちゃんは御言葉を勉強中って言ってたなぁ。さっきの「主が助けてくださった」ってCさんの言葉にとても嬉しそうにしてた。
それなら…)」
目の前のLちゃんを見ながら、
G「(もっと彼女に主を感じさせてあげたい…!)」
Lちゃんのことを考え始めます。
—————————
O「少しずつだけど…Cチームが良くなってきた。」
I「さっきまでブロックのこぼれ球が取れなかったGが安定して取れるようになり、その事でアタッカーまでちゃんと上がるようになったわね。」
O「それに、Lちゃんがさっきよりジャンプのタイミングが合ってきて、少しずつスパイクのスピードが上がってる。
…あの子、センスあるなぁ!背はちっちゃいけど結構高く跳ぶし、体の向きを変えられるとは…。」
A「Lちゃん、ファイト!」
I「部活でたくさん練習しているから、かしら。」
O「バレー部なんですか?」
I「そうではないけど…運動部みたいね。」
A「わぁ!決まった!」
O「Gも動きよくなった!ちゃんとブロックのこぼれ球の位置に動いて準備してる。」
I「なんだか…スッキリしてるわね。あの動き、ムダがないわ。」
O「(私の、というか、主のアドバイスを意識してるみたい…)」
ニヤニヤするOさん。
A「もう一本!」
そして、熱心に応援するAさん。
—————————
G「(よし…あと一本で追いつける。
でも、相手はマッチポイント。ここで取れなければ…)」
Cチームのサーブ。Lちゃんがサーブします。
G「(って、ダメダメ!
点数や勝ち負けは関係無い!どれだけ私が主を意識したか、それが大事だ!
よし、主を呼ぼう!主よ主よ…)」
L「主よ!!」
LちゃんのサーブはNさんに向かいます。
K「大丈夫よ!落ち着いて…」
N「…はい!あっ…」
Nさんのレシーブは後ろに流れてしまいます。
K「はい!一旦返して!」
それをKさんがフォローしますが、返すので精一杯。
C「チャンス!お願い!」
そのボールをCさんがきれいにセッターに上げます。
「L!いくよ!」
L「はい!1、2…」
Lちゃんにトスが上がります!その時!
L「(あの隙間!あそこを狙って…)
主よ!!」
B「…しまった!」
直感に従ったLちゃんのスパイクは二人のブロックの隙間を抜けて誰もいないところへ!
K「あ…間にあわ」
そして、ボールはそのままコートに…
N「…えいっ!」
K「!Nちゃん!」
落ちるところを全力で走ったNさんが滑り込んで触ります!
O「Nが!」
ほんの僅かに上がったボールを、
K「Bちゃん!」
KさんがBさんに上げます!
B「…よしっ!」
C「来るよ!Gは…」
G「前に行きます!」
Bさんのスパイクに備えるCチーム。その動きを見て、
B「主よ!」
Bさんは力一杯ブロック目掛けアタックします!(…というか、Bさんも主を呼んだ!?)
「!?ワンチ!」
Bさんのアタックはもう一人のブロックの指先に当たり、コートを大きく出ます!
C「しまっ…」
G「うおー!間に合えー!」
二人ともボールを追って、全力で走ります!しかし、Cさんは横、Gさんは前に向かっていたので、方向転換のロスが…
G「主よー!!」
Gさんが飛び込みます!
ピピー!
…が、ボールはもっと前で落ちてしまいました。
試合、終了。
N「…やっ」
K「Nちゃ~~ん!!
よく滑り込んだわねー!」
N「わぷっ」
Nさんを抱き締め、喜ぶKさん。
さっきの滑り込みに感激してるようです。
B「N、ナイス。」
「N、すごーい!正直、もうダメかと思ったよ!」
「ナイスファイト!」
N「…ありがとう…ございます。」
Bチームのみんなも、Nさんのレシーブに大喜び。Nさんは恥ずかしそうですが、嬉しそうに笑っています。
G「くー!!
…もう少し、だったんだけどなぁ。」
C「いやー、惜しかったね!Gもよく反応したんだけど…」
GさんとCさんも悔しそうですが、笑いながら話していました。
L「Gさん、ナイスランですっ!!」
G「ありがとー!Lちゃんも、最後のアタックすごかったよ。二人のブロックの間を抜けるなんて…正直、あれで決まったと思ったよ。」
C「あれはNのファインプレーだね。いや、ハレルヤだわ。」
CさんたちもNさんを見ながら、どこか嬉しそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
A「…あー、惜しかったですね」
I「そうね。でも、みんな嬉しそうよ?
神様もきっと喜んでるわね。このバレーを見て。」
A「そうですね。Oもそう思…」
O「N…いや、スゴいスゴい!
ハレルヤーー!!」
二人の話を聞いていないOさん。
Nさんのレシーブにとても感激しているようです(笑)
O「ハレルヤーー!!」
I「O、感激するのはいいけど…
試合を終わらせて。あなた、主審でしょう?」
O「ハレ…あ、しまった!」
ピピーッ!!
アフター

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

関連記事一覧