一番の証は「実際に行うこと」。


おはようございます、satoです。

私が摂理で信仰を持っている、ということを明かした上でブログを書いてから多くの時間が経ちました。
これまで多くの記事を書いてきましたが、書いていて思うのは

自分が実際に体験したこと、感じたことを書くのが一番書きやすいし、一番力がある

ということです。

ここ最近は東京に滞在したときのことを色々書いていたのですが、これを書いていて「経験したことを書くのはやはり書きやすいし、面白いよね」と感じました。
私にとってはつくばも初めてですし、研究者としての進路を探すことも初めて。
また、イブニングライナーに乗るのも初めてなので、本当に楽しかったです。そして、それを記事にするのが一番力があり、楽しかったです。
それは臨場感があるからなのだと私は思います。
そういえば、私が色々なものを読んでいて一番面白かったと感じたのも何かを体験したエピソードが書かれていたものでした。

少し話が変わりますが。

神様が存在し、この御言葉が正しい、ということをどのように証明できるでしょうか?
数学を研究していると「言葉によって」論理的に証明する傾向に流れがちです。
確かに、論理的にこの御言葉が正しいことを立証することも可能だと思います。

また、神様の働きを証する方法も実に様々です。
私はブログを通して言葉で神様の働きを証することを主にしていますが、それ以外にも絵で、ダンスで、芸術で、音楽で、神様の働きを証する人もいますし、直接会って話をすることでも証をできます。

しかし、次のような鄭明析先生の御言葉があります。

<行動>は「伝達するうえで最も強力で威力がある方法」だ。
<言葉>は「伝達するうえで二番目に強力な方法」だ。
<文章>は「伝達するうえで最下位の方法」だ。
<文章>にすると実感が湧かない。<言葉>のように強弱の調節ができないからだ。
-2015年8月5日 鄭明析牧師の明け方の箴言

この御言葉にあるように、何かを伝える上で一番力があるのは「行動、つまり行い」なのです。
これは今年に入って私がずっとお祈りをし続けた中で悟ったことの1つです。

イエスは彼に言われた、「だれにも話さないように、注意しなさい。ただ行って、自分のからだを祭司に見せ、それから、モーセが命じた供え物をささげて、人々に証明しなさい」。-マタイによる福音書8章4節

これはイエス様が皮膚病を治された人に対して話した一言です。
これは「イエス様によって治された、神様が働かれた!」と話をすることでは、人々が好奇心を持ってイエス様の所に来るとしてもイエス様を通して神様が働かれたことを信じるのは難しいからです。
これはあるブレスレットを付けたら治った!って広告を見てもなかなか信じられない、というかむしろ怪しいと思う感じと似ています。
それより、モーセが話したように生活することによって、神様を褒め称えることをしなさい、ということをイエス様が話したのです。
そうしてこそ、それを見た人々が「神様が働かれた」ということを知るに至るからです。
結局順理に従って行うことが一番の証なのです。

同じ言葉を書くにしても、ただ頭の中で作られた言葉というのは私自身が書いていても混乱するし、力がありません。
それもまた順理に外れることなのだと思います。

そういうわけで、私はもっと御言葉を行なって体感したことを書いていきたいな、と思ったのでした。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。