もったりもたもたしてしまうとき。


おはようございます、satoです。

ここ最近体が疲れてきました。
どうも体調が良くない感じがしています…もしかしたら、疲れが溜まっているのかもしれません(´;ω;`)
肩は凝り、頭は軽く痛い、喉もちょっと痛い…風邪ですかね…(´;ω;`)

体調が悪いと、心の調子も崩れてしまいます。
何かをやろうとしても集中できず、やるかやらないか迷って、ちょっと悩むことにぶつかったら後回し…ってことになりがちです。
元々、発達障害、とりわけADHDの傾向がある私はこのような癖がよく出ます。注意散漫と呼ばれるものです。

特に、何かをやろうとして「もたもた」してしまうのは昔からそうでした。
細かいことを気にするのか、と思っていましたが、元々ADHDは脳の分泌物質が不足しているために「行動するのに時間が掛かってしまう」ということがあります。
それでも、1月は勢いでなんとかやっていったのですが…(笑)

ところで、何かをする時に「もたもた」してしまうと、時々「本当にそれをやりたいのか?やるのが嫌だから苦しんでいるのでないか?」という考えになってしまいます。
どうしても自分の心としてはやりたいのに、なんかできないと「私はやりたくないのかな?」と考えたり「お前はどうしてそんなにやる気が無いんだ!」と責めてしまうこともあります。本当は脳の問題なのに、それを自分の心の問題、考えの問題にしてしまうのです。
そうなると、せっかく自分はやりたい心があって、神様を愛する気持ちがあるのに、神様の願うことをしよう!って考えがあるのに、「お前は神様を愛してないんだ」とかいう否定的な考えに陥ってしまいます。せっかく、私には私の価値があり、神様が愛してくれているのに、それをうまく受け取れていないんですね。

私もそうですが、ADHDの人は特に好調・不調の波が激しいです。
調子が良いとなんでもすぐにできるのですが、調子が落ちると…たとえば刺激がなくなると、何をするにも力が必要になってしまいます。
私は今この状態です。好きなことはたくさんあって、やりたいこともすべきこともあって、やれば楽しくなるのですが、どうしても続かなかったり、集中できなかったりします。
そうなると、心がもどかしくなるのですよね…。何かしらをしたい、という意欲はとても強いので…。

さて、こういう時、どうしましょう。
確実に言えるのは刺激の強いメディアは見ないほうがいい、ということです。刺激を求めようとして見たくなるんですが…。
そして、私の中にある心、私の中にある世界とゆっくり向き合い、理解していきましょうかね。
私の一番好きなこと、それは深く考え、深く理解していくこと。
まずは御言葉を理解するために、読み返し、考えるところから、ですかね。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。数学者を志す大学院生です(・∀・)もう30代間近…。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。普段見える世界から色々なことを深く考え、悟りを得ることが一番の楽しみ。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品を作ることは私の密かな夢。