satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理に長くいると…

摂理に長くいると…

人格が磨かれ、素晴らしい人になります。

というのはウソではありません。しかし、これは「摂理の御言葉を聞いて、しっかり自分の足りないところを直していくから」そうなるのです。
摂理でなかったとしても、自分の足りないところを直し、一つ一つ性格を作るなら人格的な人になります。
しかし、摂理の場合、創造主であり、愛の方である神様、どのように人から傷つけられても許し十字架を負ったイエス様の性格を基準としているので、その御言葉を聞いて自分をその通りに合わせると神様のような人格、イエス様のような人格になっていきます。
具体的にはどのような環境でも寛容になれるとか自分のしていることがダメになっても諦めないとかいつも感謝し、喜ぶとか…。
しかし、これは御言葉を聞いて自然とそのようになる、というより御言葉を聞くことで力を受けて「そのように自分を作っていく」という要素が強いです。

ところで、摂理に来て「御言葉を聞いて、それに従って自分を直す」と人格が磨かれ、素晴らしい人になるのですが、そうしなかったらどうなるのでしょうか?
その場合自分の足りないところがそのまま残っている事になります。
こう聞くと「現状維持」のように聞こえますが、実際にはとても大変なことになっています。
というのも、摂理では御言葉がたくさん伝えられます。その通りにしない、というのは言い換えると自分の間違った認識のまま御言葉を聞き、間違った認識で御言葉を捉えることになるのです。
摂理では神様の御言葉を中心にして様々なことが進行されます。すべての行事、生活、一つ一つが御言葉を基軸にして動くのです。その御言葉を間違った状態で認識すると…そのことにおいて「間違った認識」で捉え、苦しくなるということになるのです。

摂理に来て、私も長くなりました。…と言っても7年くらいですが(;’∀’)もっと摂理にいる人に「まだまだ若い!」と言われてしまいます(;‘∀‘)
その御言葉を聞いて直したところもありますが、時には御言葉を受け入れられずスルーしてしまったり、時には逃げ出してしまうこともありました。
そうなると、摂理の出来事で間違った認識のまま固まっているものも少なからずあります。
こういうのは長くなればなるほど直しにくいものです。
実は先ほどそのようなことがありました。つまり、長年摂理でしていたことだけど、間違った認識のまましていたことが判明しました。目的を間違えていたのです;つД`)
今気づけたからよかったのですが、もしこのまま間違っていたと思うと…(;’∀’)
実際、今までそのことに対する間違った認識のためにずっと心が辛くなり、傷ついていたのでした。
この後もそうなっていたのでないかと考えると…(´・ω・`)

間違ったところに気づけて、直せる機会をもらったことに感謝です。
あとは間違った方向を正して行なうだけです。
おそらくまだまだあるだろう私の「間違った認識」、一つ一つ気づけるように祈りながら生活していきます(*‘∀‘)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

摂理についてカテゴリの最新記事