教会の人を通して、「笑いの天使」がやってきた。


こんばんは、satoです。

摂理では面白いことが起きると「『笑いの天使』が来た」、という表現をすることがあります。
たとえば、真面目な人が何か面白いことをすると爆笑するとか、そういうときに使う表現です。
この表現で言うと…私の行ってる教会には『笑いの天使』がそばにいるのではないか、というくらい面白い人がたくさんいます(笑)

いや、みんな真面目だし、とても信仰に熱い方なのですが…どこか面白いんですよね。

ついさっきあったことなのですが、私と一緒にいた教会の人が、突然ものまねをし始めました。おそらく私をからかうためにしていたことなのだと思うのですが、このものまねが非常に特徴を捉えていて、とても似ていました。それも、とても面白い(笑)
あまりに似ていたので爆笑してしまいました(笑)
ちなみに、この後色々な人のモノマネをしてもらいましたが、どれもすぐに分かるくらい特徴を捉えていました。今まで一緒にいたのですが、こんな才能があったとは…(笑)また一つ、神様の下で才能が覚醒しました(笑)

おかげで、先程まであった自分の暗い感情も、自己否定的な感情も吹っ飛びました。あまりに面白すぎて笑っているうちに力が出ました。笑わせてくださった神様に本当に感謝します。

神様は私たちに喜びを与えて下さいます。だから、摂理では「笑い」が絶えません。

<全能者からもらって喜んで笑うこと>は本当に大きい。肉の人生、一生まで続き、霊、永遠まで続く。

このような箴言が摂理の御言葉として伝えられましたが、確かに摂理の中の笑いって、どことなく「力をもらえる」んですよね。
自分の暗い感情を吹き飛ばして、また明日頑張ろう!という笑いなんです。実際、今もさっきのことで笑ってしまいそうになります(笑)

御言葉も堅苦しいように聞こえますが、鄭明析先生の御言葉って、時たま面白いところがあるんですよ。(韓国語からの翻訳で、笑うところを逃していることはあるみたいですけど。韓国の摂理の方々は皆さん御言葉中にウケています)
また、賛美をしていると本当に楽しくなって笑いがこみ上げることもあります。
しかし、それだけでなく上のような面白いことから来る笑いでも力がもらえたりします。
本当に、神様は笑わせるプロです。

笑いというのは本当に大きな力を持っています。
一人では暗くなりそうな雰囲気も吹き飛ばしてしまう、寂しさも怒りも、自己否定も吹っ飛ばせるくらい大きな力が。
だから、私達ももっと「笑って」生きていきたいですね。
上の箴言にもありましたが、永遠に続く「神様から与えられる」笑いで満たされたいです。

ところで、教会の人は面白い人が多いと書きましたが、私はどうか…ですか?
実は、私もどうやら笑いの天使が働きかけてくださっているみたいです。それも相当…(笑)
唯一の弱点は、自分でコントロール出来ず時たま空気を読まず発動することでしょうか(笑)

時たま失敗しても、それが笑いに変わってしまうことが多いです。本当に助かっています、感謝します(笑)
(でも、失敗しないことが一番なので本当に気をつけます)

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生、かつ教育系の仕事を色々しています。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。見て聞いて感じたことから深く考え、悟りを得ることが一番好き。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品は私の密かな夢。