satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

神様との関係は時代ごとに変化している。

神様との関係は時代ごとに変化している。

おはようございます、satoです。

最近、改めて「自分自身の肯定感が低い」ということを思い知りました…。
人に指摘されると、それがどんなに人格的で責めるような言葉でなくても、何か「お前はダメだ」と言われている感覚がしていて、それを深く考えると「自己肯定感が低い」ということに繋がったのです。
「上手く出来て初めて認められる」という認識が、今の自分の大きな問題です。

自己肯定感を磨くためには、自分が愛されていることをいつも思い出さないといけません。
神様は無条件「私」を愛してくださっています。それも、「自分の恋人」として愛しています。

あなたを造られた者はあなたの夫であって、その名は万軍の主。あなたをあがなわれる者は、イスラエルの聖者であって、全地の神ととなえられる。-イザヤ書54章5節

そもそも、十戒を中心に、旧約時代は神様を「主人」としてしもべのように従ってきました。

イスラエルの人々は、わたしのしもべだからである。彼らはわたしがエジプトの国から導き出したわたしのしもべである。わたしはあなたがたの神、主である。-レビ記25章33節

新約になり、神様はイエス様を通して、「私たちは神様の子、神様は父親だ」と話されました。

あなたがたはみな、キリスト・イエスにある信仰によって、神の子なのである。-ガラテヤ人への手紙3章26節

このように、神様との関係性は時代を追う毎に変わっていっていますが、そもそもこれは本来神様が願っていることではないわけです。
それは、本来神様と私達の関係は「新郎新婦、恋人」の関係である、ということが最初に挙げた聖句から分かります。
それがどうして崩れてしまったのか、というと「一番最初に神様を信じた人間」であるアダムが「善悪を知る木の実を取って食べる」という罪を犯したからです。(これが実際どのような罪であるのか、これは聖書の深い話なのです)

女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。-創世記3章6節

更に人に言われた、「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、
地はあなたのためにのろわれ、
あなたは一生、苦しんで地から食物を取る。
地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、
あなたは野の草を食べるであろう。
あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、
あなたは土から取られたのだから。
あなたは、ちりだから、ちりに帰る」。-創世記3章17-19節

このことによって、神様と私達の関係が壊れてしまい、他人同士になってしまったのです。だから、旧約はしもべと主人という遠い間柄から始まりました。

日本に生きる私達にとって、神様という概念はとても遠いものでした。だから、まだ神様が無条件愛すると言われてもしっくり来ない人もいます。
私もそうです。前よりは近くなりましたが、もっと近くしなければなりません。
神様は愛してくださっていますから、まずはそのことを認めて、その上で自分が愛されていることを実感していきたいです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事