satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

深く考えることの楽しさ。

深く考えることの楽しさ。

こんばんは、satoです。

私は昔から色々なことを考えていました。
まず、頭の中はいつも何かしらの情報(音楽しかり、言葉しかり、映像しかり…とにかくランダムに出てくる)のですが、そこから面白そうなものを見つけると、深く考えるようになります。
こうやって、昔から面白いアイデアを思いついていました。

最近はこれを数学でも信仰でも活かせるようになりました。
数学の場合、「数学ガール」という本を読んだ際、その影響で自分の脳内でも「数学を研究する人の物語」が形成されるようになりました。以前「色々な漫画キャラを一つのところにおいて、信仰を持たせつつ平和に過ごす物語」という脳内物語がありましたが、それに近いです。
「数学ガール」では高校生から専門的な数学の話まで書かれますが、そこでは扱いきれなさそうな「最先端の数学」について、その哲学や意味を解いていく、という話です。実はタイトルもあります。

全員でキャラは4人いて、私が見た問題を「問題提起」させてみんなで話し合ってもらう感じで進行しています。
面白いのは、こうやるとあるキャラが説明する(説明させる)時に「これってどういう意味なんだろう?」と理解できていないところに気づいたりとか、別のキャラが「それって本当なの?」と何かに気づくということがあったり、数学ができるキャラでも勘違いしていたり…と本当に自由な展開になるのです。
そして、ただ教科書を読むだけではわからない「結構面白いこと」が分かったりします。

深く考える、というのは難しいことではない…とはさすがに言えませんが(´・ω・`)
でも、とても面白いです。
私の場合は「自由に連想していく」ことで新しい知見が得られることが多いです。まるで「森の中を探検していると新しい道が見つかる」感じです。

こんな感じのことをバイト中に考えていたりします(笑)

疑問に思ったことをずっと考え続ける。
それはある意味で私の特性に合っているのだと思います。

神様とのこともそうやって過ごしてきました。
だから、こうやって今があるのです。本当に感謝します。

全部は書けませんが、今からでも書いてみようかな…脳内小説…(´・ω・`)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事