satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

やっぱり、私は私の特性があるよね。

やっぱり、私は私の特性があるよね。

こんばんは、satoです。

私は昔から「怒っている人」や「悪口を言っている/言われている人」、「喧嘩している人たち」を見るとどうして止めたくなる衝動に駆られてしまいます。
本当にこれは昔からで、小学校の時も喧嘩している男子と女子を見て「どうにかして止められないものか…いっそ私が敵になって追いかけまわしているうちに仲良くなる…という感じにしようかな…」と思うくらいで、担任の先生が来て喧嘩を止めるように言うと「そうだよ!!止めようよ!!」と泣きながら大声で言ったこともありました。

なので、ツイッターでよくある「炎上」とか「悪口」を見るとやはり止めたくなるんですよね…。
生まれ持って「平和」を求める傾向にあるようです。

炎上する側にも何かしらの考えがあって発言していて、それに対して非難する人にも一定の理由があるようです。

たとえば、

女子大生社長・椎木里佳氏のツイートが炎上「勝ち組の自己満足」

こちらの記事では「ぼろぼろの人がいてお金を渡そうとしたけどできなかった」という話に対して、「上から目線」と非難されています。

この話に関して、私もいろいろ話したいことはあるのですが…それはまたいずれにしたいと思います。まだ自分の中で消化できていない話なので。

こういうのを見ると、やっぱり「どうしても止めたい」と思うんです。

「○○は危険だ!」という政治の話とか

「○○は悪だ!」という事件の話とか

全部「止めたい」んです。
でも、それを力ずくで止めることは私にはできません。それこそ「偽善、自己満足」なんですよ。
それに、「無理やり止めようとする」のは、「平和を求める」私には正直負担なんです。

それなら、どうしたらいいんだろう?

やっぱり、私には「私に合う」方法でするしかないんです。
止めようとか考えず…私は「私が好きな、楽しい日常」を描くことで「平和」を作っていきたいです。
非難する人は「非日常」の中にいます。それなら、私は「日常」という世界を描くことで、戻れる機会を作りたい。
何よりも、私自身が「書いてて楽しい」のって、そういうことなんですよね。
(私の日常を描こうとしたら、ほとんどが数学の話になってしまうのはご愛敬…ということで(笑)だから、いつも書くの苦労してるんですよね)

今日は久々にすべきことがスムーズにできるようになりました。
また、昨日から少しずつ他の人と交流を持てるようになりました。
そういう変化を通して、「平和を愛する」神様が働かれていることを感じます。

賛美を聞きながら、すべきことに集中し。
他の人と話しながら、考えを共有したり、改めたり。
美味しいご飯を食べて、頑張って。
ネットで新たな知識を得て。

そういうことができる「平和」な世界をくださることに、本当に感謝です。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事