satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

「素直さ」という宝。私に「二枚目」は無理だった…

「素直さ」という宝。私に「二枚目」は無理だった…

おはようございます、satoです。

私は昔から漫画を読んでいるのですが、その影響か私自身「カッコよくやりたい!」という癖がありました。
いわゆる影を含むようなクールキャラ。周りの状況を冷静に分析し、知識を兼ね備えた博士キャラ。
この影響は結構大きくて、ディアボロをする時も「カッコよさ」を重視し、カッコいい動画を見て自分もそうしようと思っていました。

しかし、実際のところ私は「おっちょこちょいな三枚目」です。
何をやっても笑いになってしまう。ディアボロをやったら技に感嘆されるより「ドヤ顔」アピールで笑いが起こる(笑)
何かを話してもどことなく笑われる。必ずなんかおかしいところがあるようで、そこを突かれてしまう(´・ω・`)
(時たま深いことを話して「おー」と言われることはありますが、尊敬されるってことはない(笑))

そんな自分を見ながら「なんで自分はこんなに笑われるのだろうか…」と多少落ち込むこともありました。
神様に祈ると、神様はこう話しました。
「あなたには純朴さ、素直さがあるのに、どうしてカッコよさで勝負しようとするのか?」

自分には、素直さ、素朴さという取り柄があります。
自分が素直に行い、素直に神様に向かう、その姿勢が人を感動させ、神様につなぐこともあります。
私は「自分が何か上手くやって成功したい!」って思いが強かったのですが、そんなカッコいいことをしなくても「ただ素直に行う」ことで人を救うこともあるのです。
…そういえば、この間バイト先で

「satoくんは本当に純朴だ~、本当に好きだわ~」

って何回も言われました(男性の上司に)。
なんで、こんなに何回も言われるのだろう…と思っていたのですが、どうもこれは「神様の啓示」だったのです。
確かに、この頃の私は「人によく見せよう」という気持ちが強くなっていた気がします。

世の中の言葉をたくさん見ているので、世の中の言葉を使いたくなる、というか世の中の言葉風に考えてしまうことが多い私。
でも、神様にしてみれば「そんな世の中の言葉を使わなくても、あなたの素直な言葉を書くだけで十分伝わるし、十分面白い」ってことなのだと思います。
むしろ、世の中の言葉で考えると自分の素直さが失われ、味がなくなってしまうのです。

あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。-マタイによる福音書5章13節

私は「綺麗にできない、カッコよくない」と落胆しているけれど、神様は「素直で純粋なあなたが好きだ~」って話してくださっているんですね。
あぁ、本当に私の中にある大事な「塩」を忘れていました。

私の「素直さ」という宝、日々忘れないで生きていきます。
神様に対しても素直に、人に対しても素直に。実直に生きていきます(`・ω・´)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事