satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

考えについて、研究してみた。

考えについて、研究してみた。

こんばんは、satoです。

今日は、御言葉を好きになる一環として「考え」について研究してみました。
土台は、この御言葉から。

考えは、単純だ。反復するとおりに変化する。-摂理の御言葉「考えの次元を上げよう。考えを奪われるな。」より

確かに、「考え」というのは実に単純です。
何故なら、繰り返し考えたとおりに形成され、変化していくからです。
そして、より多く考えていたとおりに考えが作られます。

たとえば、私は昔から「出来ない」と考えることが多かったです。できない、というより「やりたくない」という考えに近い時もあります。この度合いは分野によって異なりますが。
出来ないと思っているときに「やれば出来る!」という言葉を聞いても、最初は頭に入りません。もう、正直「拒絶」に近い反応を示します。
それは、頭のなかの考えが「出来ない」、もしくは「やりたくない」という「考え」で形成されているので、その逆である「やれば出来る、だからやろう!」という考えが受け付けないのです。

ところが、です。
しばらく「やれば出来る!」という考えを脳に入力し続けてみます。すると、不思議な事ですがさっきまで「出来ない」という考えだった脳が、もしかしたら出来るかも、やってみようかな…という風に変化します。
このように、繰り返し考え続けると否定的だった考えが肯定的に変化するようになります。
この考えを続けて繰り返せば、「やれば出来る!」という考えに変化し、行動まで大胆になるかもしれません。しばらく実践してみます。

神様の愛もこれと同じです。

私たちは神様の愛を知りません。その上で私達の中にある愛の世界を生きてきました。
だから、最初に神様から「愛している。あなたは私の愛の対象体だ」と言われても、ピンと来ないし、受け付けない、ということもあるでしょう。
ところが、繰り返し御言葉を聞きながら、考え続けると…神様の愛で、本当に自分が愛されていることを実感します。そして、自分を肯定できるようになるのです。

実際に、それを成した人が証をしています。

「愛は死よりも強い」-摂理

10年掛かっても、神様はずっと愛し続けます。
その愛で、私達が喜び、感謝して、神様を愛せるように。

その愛を受けるためにも、私も考え続けて本当に変化したいです。
…研究者の卵なので、続けて御言葉も研究できたらと思います(^o^)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

聖書&御言葉カテゴリの最新記事