satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

矛盾を直すことについて思ったこと

矛盾を直すことについて思ったこと

おはようございます、satoです。
今日はやたら眠いので核心的に書いていこうと思います。
(実はここ最近、睡眠リズムが崩れていて夜寝付けなかったので、むしろ丁度いいのですが)

今週の御言葉は

誰でも<自分の肉的な矛盾>を断ち切ってこそ、
「自分の大きさと美しさ」を現わして喜ばせる

という御言葉でした。この御言葉を聞くと、誰しもが思うのは『自分の矛盾を切るぞ!』ということでしょう。
確かに、今週の御言葉で何を実践しようか、と思ったら「御言葉と合わない考え・行動」を改めること、なんです。それが何かは人によります。私の場合については、後述します。

今回私のある矛盾がきっかけでかなーりの時間を浪費してしまって、さらになんか精神的な疲労も強く、御言葉中に眠くなった(これもかなり久しぶりで、めったにはなかったのですが)くらいでした。
が、それでも御言葉を聞いて、祈っている時に邪魔しているものを感じたので、それを退けながら祈っていました。
その時に心に入ったのは

『自分の大きさと美しさ』を神様が見せたいから、矛盾を切るのだ

ということです。これを聞いて、切らなければならないけど…でももったいない!という考えが消え去って「やっぱり切ろう」となった次第です。ハレルヤ( ・`ω・´)

この話、とても大事なことがありまして。
御言葉を行う時に「どうして神様がこう話したのか、という心情を分かって、それを心に留めながら行う」ことを忘れてはいけないのです。

今週の御言葉で言うと、「自分の肉的な矛盾」を切る、というのは主題の半分で、もう半分は「自分の大きさと美しさ」を現して喜ばせる、なんです。ところで、これは誰を喜ばせるのか、というと、一つは「矛盾を切った自分を見て神様を喜ばせる」であり、もう一つは「矛盾を切った自分を見せて神様が自分(や他の人)を喜ばせる」である、と私は思います。だから、神様は「あなた、こんなに成長したし、こんなに優秀なんだよ」というところを見せたいんですよね。その心情を分かった時にもっとスムーズに矛盾を直すことができます。

真面目な人は「間違いを直す」ということだけ聞いても行おうとします。これは、元々「言われたとおりにやろう」という気持ちが強いのと、従順する心が強いからです。ただ、それだと「ストイック」になってしまいます。
ひたすら自分の間違いを切って、御言葉だけを行おうとする。それ自体が間違いというわけでないのですが、そこに「神様が見せてくださる本当の自分がどれだけ素晴らしいのか」というのを合わせてこそ、もっと完全に神様と一体になることができます。素晴らしい自分を見て、感謝感激したら神様も自分も嬉しいですから。

そういうわけで、「せっかく手に入れたのに…」という私の肉の感情をなだめ、より良い自分を作るために切ろうと決心した次第であります。

ところで、私が「かなーり時間を浪費した」矛盾とは何でしょうか?

これは今朝の明け方の御言葉を聞いて悟ったこととも重なるので、2つ明記していこうと思います。

1つは「これまで見てきた漫画等の考察」、もう1つは「自分が気になるアニメ等の情報」です。

大体自己紹介を見たら、現在私が興味を持ちそうなものは分かるかと思いますので詳細は省きますが、睡眠リズムが崩れていたことから体調が少し悪く、そのためにスマホで情報収集をしているうちに、ずっと追っていたあるゲームの最新情報を見て、芋づる式に気になっていた情報を収集していた、というのが真相です。特に新しく実装しているキャラが出たら、その情報が欲しくなる、前に見た時に実装されていなかったキャラが出たら、どうなっているのか興味を持つ、そんな感じ。

そして、これを語ろうとすると精神的に不安定になるんですよね。それが「神様の考えと異なるから」という理由なら分かりやすいんですが…なんかそれ以外にもありそうな気がします。
(漫画やアニメのことに限らず「自分の感情、自分が好きなもの」を表現するのが苦手、な気もしています)

ただ、今回は割と早く切れそうです。それは自分が過去書いていた作品(記事もそうだし、物語もそう)が如何に素晴らしいものだったのか、というのを教えてもらったからです。
実は、ある集まりを通して、過去書いた自分の作品を読み返して、「結構良いな」というのと「もう少し手直ししたいな」というのと「完成させたいな」という熱が出てきたのです。こちらに集中しようと思いまする( ・`ω・´)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事