satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人satoをプロデュース。by Lord. 容姿編その6

摂理人satoをプロデュース。by Lord. 容姿編その6

レーシックによって視力が回復するという天の御働きがあった私。
当時は忘れていましたが、これによって「目つきがよくなるように」というお祈りが成就しました。
しかし。御子はこれで満足されませんでした。
「私御子の新婦となるのだから、もっとかっこよくせねば!」
御子がそういったかはわかりませんが(笑)その後、私の容姿に天のメスが入りました。
北海道にある私の教会は男性がよく東京や大阪に就職します。そのため、引っ越しの際に様々なものを残してくれたり、物をもらうことがありました。
私の場合、特に「服」をたくさんいただきました。今まで無地のトレーナーやチェック柄のシャツしかなかった私に、様々な「おしゃれ」が出来るような服が与えられました。(私の教会にはおしゃれさんが多かったのです…。)
相対的に、今までよりそれでもかっこいい姿になりました。
実は私、おしゃれをすることにはとても心理的抵抗がありました。それは、中学の時に自分がかっこいいことをすると「お前、気取ってるだろ!?」と言われ、「気取り」と悪口を言われ続けました。それで、私は人を気にして「かっこいい服とかかっこいい行いとか」をしないようにしていました。本当は…めっちゃしたかったのですが。しかし、御言葉で主の愛を感じて、それに勇気づけられたのか、私の心に「おしゃれ…しようかな?」という感動が来ました!(まぁ、主に見せるためでもありますし、主の新婦たる者かっこよくないとですからね!)
そして、さらなる変化が私の体に起こったのです!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事