satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と「こんな世の中じゃ…」

摂理と「こんな世の中じゃ…」

とある湘南の高校教師漫画を思い出すようなタイトルですが…(笑)
今日、日本では様々なことが起こっています。政治の腐敗、様々な企業の不正、労働状況の悪化…。
今日は自衛権に関連して安倍首相が会見を開きました。憲法9条を改正して海外でも自衛隊が自営をするために活動できるようにしようと訴えていたようです。
これについて、賛成/反対意見は多数。ある意味自然なことと思います。
なぜなら、それが「日本の安全」を大きく揺るがすことになるから。
こういう政治や企業の腐敗を見るたびに、「こんな日本はダメだ!」とか「こういう政治は変えなければ!」という声がネット、特にfacebookやtwitterに挙がります。
確かに今の日本の政治がいいかどうか、というと「満足!」とは言えないです。
あと、「日本をダメにしたのは○○だ!」という言論も多くあります。○○には政治とか企業、若者、というものが入ります。昨日本屋で見たのは「「B層(改革的・低学歴)」の人がダメにした!「C層(保守的・高学歴)」の人が日本を救う!」というものがありました。
でも。
そんなことを言う前に、まず「自分を管理する」ことから始めてみませんか?
どんな環境にいても、自分が管理をうまくすれば自分の生活を楽に、楽しく暮らすことができます。先生も獄内にいますが、御子とともにしようと祈りながら不平不満なく毎日を暮らしています。
どんな時でも変わらない・揺るがない自分の精神・思想があれば、環境が変わってもこのように幸せに、生きがいを持って生きられます!
安倍首相の会見でも、STAP細胞問題の会見でも、佐村河内氏の会見でも…ブレることなく「自局の放送」を流し続けたテレ東のように…(笑)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事